« 朝日/金目川左俣沢 [沢登り] 2014/8/18-19 | トップページ | 2014年8月4週 出羽三山 秋の峰入り »

2014年8月24日 (日)

尾瀬/笠科川タル沢ワル沢~井戸沢下降 [沢登り] 2014/8/24

詳細はhttp://waterclimb.jugem.jp/

タイム:井戸沢出合8:45~入渓9:00~タル沢出合9:15~登山道12:00-13:00~井戸沢出合15:00
同行者:くまくまさん

●まとめ
尾瀬周辺では人気ルートらしく記録は良く見かける。タル沢は出合からいくつかの小滝登りが楽しい。後半はゴーロが多く平凡な渓相なので、途中で枝沢を詰めて早めに井戸沢に下るパーティーも多いようだ。井戸沢はナメが多く、下降はもちろん遡行しても楽しめるだろう。
技術的にはどちらも難しいところはない。体力的にも楽で手頃な周回ルートとして、入門者にも紹介しやすい。ロープを使う場面はなさそうだが、もしあるとすれば下降時の補助ロープ程度で足りると思う。
岩は全般に茶コケが乗っている箇所が多く、ラバーソールでは滑りやすいと感じた。

●行動
くまくまさんとは1年ぶりにご一緒する沢登りだ。鳩待峠へ登る車道は規制がかかって入れないが、水上へ抜ける林道はクルマで通行できる。井戸沢出合のすぐ手前に駐車できるスペースがあるのでクルマを置いた。車道を少し歩いて笠科川にかかる橋から入渓した。


本流にかかる穏やかなナメ滝を登る


タル沢に入って最初の滝を登る。ホールドは多くやさしい。


次の滝4mくらいを登る。私は右壁から登ってみた。取り付きがちょっとだけ難しかったかな?
この辺までは天気が良かったが以後は曇り空になってしまった。


ヌメったナメ滝を登る


特徴的なミニゴルジュに着く。くまくまさんが左壁をへつっていったので後に続く。大した深さではないので暑い日は浸かっても良さそうだ。


ゴルジュ出口の小滝を登る


ワル沢に入るとヤブっぽくなる。トイ状の小滝は突っ張りで登った。滝はこの後は4mのナメ滝があるくらいで、上部はゴーロが続く。

詰めは予定より左寄りに入ってしまった。このまま行くと悪沢岳に詰め上げてしまうので、右寄りにトラバースしながら笹ヤブを漕ぐ。枯れ沢3本を横切ってヤブ漕ぎ開始から20分くらいで登山道に出た。

登山道の適当な場所で休む。さすがは日曜の尾瀬というべきか、たまに小雨がぱらつく程度の天気でも登山者が次から次へと行き来する。くまくまさんによる と、上の登山道で熊がいたというような話を他の登山者から聞いたそうだ。ヤブの中でうごめいていた私たちのことかも? などと話をして時間を過ごした。

登山道を少し下り、井戸沢の源頭付近に着く。塩ビパイプのある枯れ沢(水場としては機能していないように見えた)のあたりから下降を始めた。少し下るとはっきりした沢型になる。

小滝をいくつか下るとナメが出てきて気分よく下っていける。


滑ってみたり


記念撮影をしてみたり

滝はほとんど脇のヤブにつかまって下っていける。最後の8m位の滝は高さがあるので注意したい。中段までは左岸のヤブにつかまって降り、下部は水流中の細かいホールドを拾って降りた。

最後の堰堤2基を左岸から巻くと駐車場所に着く。2時間足らずの下降だった。

« 朝日/金目川左俣沢 [沢登り] 2014/8/18-19 | トップページ | 2014年8月4週 出羽三山 秋の峰入り »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。