« 2014.05.03大日杉~飯豊本山往復 | トップページ | 2014.05.31~06.01和木登山口~ドンデン山荘 »

2014年5月13日 (火)

2014.05.10富士

Dsc_2517_2

Dsc_2532001

Dsc_2537

Dsc_2541

Dsc_2556

1.山域・メンバー 富士・桃パパ

2.行動記録
06:44新五合(2380)~08:21六合五酌(2800)~09:16七合(3080)~10:18~39八合(3230)~11:26九合(3410)~12:04九合五酌(3540)~12:52浅間神社(3720)~13:12~24剣ヶ峰(3775.6)~13:47浅間神社(3720)~14:23九合五酌(3540)~14:38九合(3410)~15:11八合(3230)~15:30七合(3080)~15:53六合五酌(2800)~16:27新五合(2380)
(登りの五合から六合五酌までのログが欠落。ルートはほぼ下りと同じ)

3.報告
 最初からアイゼン。六合五酌の下で小尾根を越えた以外はずっと雪の上。振り返ると愛鷹山の向こうに伊豆の海が見えた。体が重く目に見えない立休みを繰り返した。

 八合目を過ぎると斜度が少し緩んだ。九合五酌から上はアイゼンがやっと効く位の雪で斜度も出た。浅間神社に着くと風が出てきたので、風の吹くほうに進んだ。

 剣ヶ峰への手すりの終わりで風が一段と強くなったので、引き返すつもりでGPSを押したが、しばらくすると少し弱くなったので剣ヶ峰に上がった。

 剣ヶ峰からは白山岳がよく見えた。電子基準点の先まで進むと南アルプスが見えるのだが、最後の一歩が悪かったので止めた。

 下りの浅間神社直下は固めの斜面だった。九合五酌から下は、気を遣わなくても良い雪だった。

 八合目の下でシリセードからの滑落停止をしてみたけどお尻が痛い割にあまり時間が変わらないので3回で止めた。六合五酌の下で小尾根を越えた斜面はシリセード向きの雪質で、かなり下までシリセードで行った。

4.感想
①GPSの等高線が出ず六合五酌でいじっているうち、登りのログが消えた。
②スキーとボードが九割以上。
③様々なレベルの人が入山していた。
④富士にしては風のない方。

« 2014.05.03大日杉~飯豊本山往復 | トップページ | 2014.05.31~06.01和木登山口~ドンデン山荘 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014.05.03大日杉~飯豊本山往復 | トップページ | 2014.05.31~06.01和木登山口~ドンデン山荘 »