« 2014.04.06姥沢~姥ケ岳往復 | トップページ | 2014.04.09 大台野~滝ノ小屋~伏拝岳、往復 »

2014年4月 8日 (火)

2014.04.06 二分~大岳、往復

Photo

Photo_2

①キビタキ小屋
②山頂から中津又





1.山域・メンバー 会越・渡辺(国)

2.行動記録

スキーエリアはどこも悪天の予報だが、GPVで見ると9:00頃までなら持つらしい。
と云う事は、8:00までに登れる山で、かつ悪天に捕まっても確実に下山できるとなると、
これはもう守門しかないだろう。


05:55 脳内計画では5:00出発だったが今日も遅れた。
    二分はなんと新雪が足首まで有り、上部はプチパウダーか、はたまた生コンかと妄想は膨らむ。
    前週の好天/融雪で下部のアプローチが心配だったが通常の冬ルートで問題無かった。
06:45 長峰に出ると日差しが眩しい。生コンはご勘弁、さあ急げ。
    保久礼小屋への降り口手前でもプチパウダーのままであった。
    上部がクラストの時はここもクラストしており、逆に言うとここがパウダーなら上も期待できる。
08:00 保久礼小屋からは足首ラッセル、昨日のシュプールが2本あるが登りのトレースが無いのは不思議。
    キビタキ小屋は屋根が出始めていた。
08:55 山頂着、測ったかのように3時間。
    不動平の登りから雲が掛かり、既に袴岳方面はガスの中で中津又が見えるだけ。
    帰路方面も怪しくなって来たので帰り支度を急ぐ。
09:03 山頂発。無風だったので栓を抜きたかったが、滑りでガスられては元も子もない。
    不動平までは雪酔いしながら我慢の滑りだったが、そこからは会心のプチパウダーであった。
    週中の好天で底地→木~金で降雪(風無し)→今日は気温上がらず、と云う好展開が揃った様だ。
    馬の背まで滑って、シールを付けて登り返す事にする。
    もう雪も降って来たので上までは行けないだろうが、不動平の下からでも滑れれば充分だ。
09:55 1170mまで戻り、再び滑走開始。馬の背から保久礼までも良い雪だった。
    保久礼で乾杯、余韻に浸っていると楡井さんがやって来た。
10:50 保久礼からはゴン降りで、西川対岸の尾根が見えないほどだった。
    今日は雪庇ツアーだったので踏み固められたトレースが有り、帰路もスキーが良く走る。
    杉林を抜け、往路の既に生コンとなった雪を蹴散らして帰着。 



3.報告
・下部アプローチはまだ暫く大丈夫と思う。車道からの乗り上げ箇所は、好天/雨が続くと通常ルートは厳しいかも。
・次に新雪を楽しめるのは来期か。今日は最高に雪が当たった日でした。

4.感想
・思いがけない(プチ)パウダー。満足の滑りを2本揃えられて良い一日でした。
・GPV素晴らしい。ドンピシャ予報でした。

« 2014.04.06姥沢~姥ケ岳往復 | トップページ | 2014.04.09 大台野~滝ノ小屋~伏拝岳、往復 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。