« 2014.02.11二分~守門大岳 | トップページ | 2014.02.26 グランデコスキー場~西大巓、往復 »

2014年3月 2日 (日)

2014.03.02二分~守門大岳

20140302

Dscn091712

Dscn091812

Dscn091912

Dscn093312

Dscn094712













1.山域・メンバー 守門・桃パパ

2.行動記録 08:49二分(390)~09:34沢筋(570)~10:46保久礼(760)~13:00~51大岳(1432)~14:52保久礼(760)~15:37沢筋(570)~16:15二分(390)

3.報告
 5~6人入っている。スノーシューを付ける。上の林道で振り返ると一面のガス。長峰に上がる所はトレースがいまいちで自分で早めに上がる。保久礼でボー ダー1人、キビタキの下でスキー2人とスライド、いずれも途中で引き返した人達。保久礼から上は昨日のトレースの方が歩きやすい。

 1080mの森林限界からガスでいい感じ。少し上でスキー4人とスライド。これは上に行った人達。視程30m位で、上はルート旗がベタ打ち。ずっとガスの中で、風が欲しいと思っていた。

 1380mから視界が開け北側と南側のコウクルミ沢の入る尾根が見え始めた。気配を感じ振り向くとスキーを担いだ人がスノーシューで迫っていた。山頂ま で50m位でルート旗が3本打たれ、そこでトレースがとぎれていた。それで雪庇に気を付けてもう少し東に行った。進んだ距離は10mくらいだったと思う。

 そこから南側に斜降して行くと袴岳が姿を現した。これは嬉しかった。先ほどの地点に戻りスキーの二人を見送りしばらく山頂に居た。


 下りも最初スノーシューで降りたがトレースが固くなってきたので、森林限界の下で外した。最初あまり潜らなかったが、保久礼小屋付近は軟雪で潜った。そ こから先はほぼ固いトレースだった。下りはずっと細かい雪が降っていた。二分も細かい雪が降っていて、作業小屋の屋根が雪から出はじめていた。

4.感想
雪が締まってきた。今年は雪庇が発達してなくて淋しい。

« 2014.02.11二分~守門大岳 | トップページ | 2014.02.26 グランデコスキー場~西大巓、往復 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。