« 2014.02.26 グランデコスキー場~西大巓、往復 | トップページ | 2014.03.09二分~守門大岳 »

2014年3月 3日 (月)

2014.03.01 二分~大岳~コウクルミ沢~二分

2

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

①軌跡
②保久礼小屋
③袴岳方面
④コウクルミ沢源頭
⑤沢中
⑥滝見場(仮称)から大岳

1.山域・メンバー 会越・渡辺(国)

2.行動記録

09:00 山頂方面はガスの中、今日はどこまで行けるのやらと重い気分で出発。
10:40 長峰で休憩して保久礼小屋に1時間40分で到着。
    今日の条件では掛かりすぎだが、まだシーズン2回目なのでしょうがないか。
11:15 キビタキ小屋は雪の下。ここまでモナカ模様で帰りが思いやられる。
    どうせ滑りがダメならば、せめて山頂には行きたい。
11:45 不動平の登りで前方のガスが晴れた。俄然、モチベーションが湧いてくる。
12:05 不動平着。もうクラストバーンとなり滑りは全く期待できない。
    前方は再びガスの中となるがここまで来て山頂を踏まない訳にはいかない。
12:25 大岳山頂、来て良かった。例年に比べて雪庇の張り出しが少ないように感じた。
    往路を滑るのは修行なので、コウクルミ沢を行く事にする。
12:48 大滝手前、ここで南西尾根にカニ足で登り返す。
    コウクルミ沢は信じられない事に縦溝が入っており、
    シーズン終盤の斜面のようだった。
12:54 952mポコ。沢は縦溝だったけれど、楽しかった1日に乾杯。
13:25 沢底着。ポコからはグサ雪だっが面白かった。
    帰りは往路を戻らずに西川の橋の先のヘアピンカーブを目指す。
14:35 帰着。ヘアピンカーブに降りる所はオープンで、往路を戻るより楽だった。
    今後はこのコースが定番になるだろう。 


3.報告
・コウクルミ沢源頭の縦溝は意外で雨が降ったと云う事だが、久しぶりで週中の天気チェックをしていなかったのは拙かった。
・952mポコからのグサ雪が(良い方向に)期待を外してくれて、プチ浮遊感を楽しめました。

4.感想
・1月2月と全く行けなかったので、これから取り返すぞー。

« 2014.02.26 グランデコスキー場~西大巓、往復 | トップページ | 2014.03.09二分~守門大岳 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。