« 2013.12.01安達太良高原スキー場~安達太良山 | トップページ | 2014.01.03天神尾根~谷川岳 »

2014年1月25日 (土)

2014.01.25いずみの里~大蔵岳~三五郎山~菅名岳周回

20140125_3

Dsc_2497_2

Dsc_2504_2

Dsc_2532_2

Dsc_2549_2





1.山域・メンバー 菅名山塊・単独

2.行動記録
10:10駐車場(60)~11:13三合目(410)~12:09八合目(720)~12:34~59大蔵岳(864)~13:24三五郎山 (910)~13:52ピーク(886)~14:35菅名岳(909)~ワカン切れる(530)~16:11巾沢分岐(310)~16:20巾沢 (260)~16:24林道終点(240)~17:01駐車場(60)

3.報告
 雪がなく夏の駐車場まで車で入れた。西から雨。鉄板トレースで壺足。3合目先で3人パーティをパス。一度止んだ雨が8合目で降り始めた。暖かい日で、雨 具の上で動ける位の小雨だった。大蔵山でワカンを着けた。白山と粟が岳の奥に守門が見え、南東の空に雲を割るような光があった。

 三五郎山から見る山はまだ黒く、例年より雪が少なかった。三五郎山北北東250m地点まで進み、北東にカーブする尾根の雪を見ると、まだ平べったかっ た。それで先に進むことにした。会に計画変更を連絡しようとしたが電波は入らなかった。雪庇も発達しておらず歩きやすい尾根だった。886ピークの南西の 雪が薄かったので、そこだけ北側を巻き気味に歩いた。

 886ピークから尾根が広くなった。湿雪でストックに雪が乗ると重かった。菅名岳からは三五郎山からのルートがよく見えた。飯豊は見えなかった。右手の斜面は鳴沢峰に続いているようだった。北西の藪っぽい尾根が丸山尾根だった。最初割と急だったがすぐ落ち着いた。

 530mで右足後内側のワカンの紐が外れ。ぶらりとぶら下がった。探したけれどどうしても見つからず、ワカンを外した。巾沢分岐まで少しぬかる雪だった。

 巾沢分岐から南側の斜面に入ると、ぬからない雪になった。ほぼ夏道通しで40m降りると堰堤に出た。そこから250mほどで林道終点に出た。既にトレースが出来ていたので、早足で駐車場に戻った。

4.感想
 ①比較的暖かい日で重い雪だった。③ワカンのトラブルは残念④巾沢に出てからは以前は時間が掛かった記憶があるが、今回は雪の状態が良く、スムーズに回れた

« 2013.12.01安達太良高原スキー場~安達太良山 | トップページ | 2014.01.03天神尾根~谷川岳 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。