« 2013.11.02志津~月山往復 | トップページ | 2013.11.24翁沢登山口~磐梯山往復 »

2013年11月18日 (月)

2013.11.09~10大日杉~飯豊本山往復

Dsc_1930 Dsc_1896 Dsc_1901 Dsc_1931 Dsc_1943




1.山域・メンバー 
飯豊・桃パパ

2.行動記録

11/09 06:29大日杉(610)~07:00~11ざんげ坂(780)~09:18~40地蔵岳(1538)~12:33~37切合(1750)~13:25草履塚(1908)~14:55本山小屋(2102)~15:27~32三角点(2105)~16:07本山小屋(2102)

11/10 06:28本山小屋(2102)~07:39草履塚(1908)~08:02~19切合(1750)~10:47~56地蔵岳(1538)~12:36ざんげ坂(780)~13:02大日杉(610)


3.報告
10/09 地蔵岳の先で下の方に御田の大杉が見える。東方に吾妻、磐梯と安達太良。切合小屋の水源は少し雪を被っている。すれ違う人は皆「明日天気が崩れる」と言う。「それを味わいに来た」と言うと話が長くなるので「気を付けます」と言って別れる。2階から本山小屋に入る。予想通り誰もいない。三角点の風は5m位。月山は山頂部だけ異常に白い。宝珠山は、まだ黒い。風のせいか粟島がクッキリ見える。日が落ちると風が強くなった。酒を忘れたので早く寝た。

 

10/10 04:40起床。8時間位寝た。日の出前に風が収まった。これは明け方の病勢弛緩的な一時の物。小屋を出たときはガスに包まれていた。御前坂で5~7m/s位の風。風でガスが飛ぶと、黒い雲が広がり安達太良の奥が光っているのが見えた。「急速に発達する低気圧」を可視化したような禍々しい(まがまがしい)空だった。雲の底は2200m位にあり、少しずつ下がってくるようだった。切合まで大した風はなかった。切合で休んでいるとき、サ~ッと黒雲が流れてきて、それが小屋の上で止まって、雨が落ちてきた。08:20だった。切合の水源で振り返ると雲の底は1750mまで下がっていた。御坪過ぎから風が強くなった。雨は西から当たった。残雪期なら風に苦労したと思うが、今は木が生い茂ってるので普通に歩けた。風が最も強かったのは地蔵岳の西で、風速15m/s位あったと思う。地蔵岳を過ぎると急速に風が弱まり風向も東に変わった。けれど本山からは轟々という音が時折していた。

4.感想 寒気に捕まらず、有る程度雨に打たれ、耐候性を上げるのが目的だった。酒を忘れた以外、ほぼ計算通りに歩けた。

« 2013.11.02志津~月山往復 | トップページ | 2013.11.24翁沢登山口~磐梯山往復 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。