« 2013.10.14蓮華温泉~白馬岳往復 | トップページ | 2013.10.26~27峡彩山岳会60周年記念事業 »

2013年10月25日 (金)

2013.10.19~20柏原新道~鹿島槍往復

Dsc_1729 Dsc_1803 Dsc_1793 Dsc_1847 Dsc_1785




1.山域・メンバー 
後立山・桃パパ

2.行動記録

10/19 07:00扇沢出合(1330)~07:45八つ見ベンチ(1620)~08:07ケルン(1770)~10:14~24種池山荘(2450)~12:06冷乗越(2410)~12:20~30冷池山荘(2410)~14:57~15:34鹿島槍南峰(2889)~17:05冷池山荘(2410)

10/20 06:23冷池山荘(2410)~08:05~22種池山荘(2450)~10:21扇沢出合(1330)

3.報告
10/19 針ノ木はマヤクボ沢から上が白い。扇沢では雲の底は3000m位、種池では2800m位まで降りてきた。種池から先はガスの中、霧雨の歩き。ごく弱い雨で雨具の下なしでも歩ける。爺ヶ岳のトラバースは一部氷化していたがアイゼンを着けるほどではなかった。冷池小屋では雲の底が2500m位。冷池小屋でアイゼンと着替えをデポした。

 冷池を過ぎると雲の底が少しずつ上がっていった。雪はまだ軟らかくピッケルだけで十分だった。布引山の登りで南東に富士が見えた。青い大きな影の様だったが、山頂直下に横雲が入ると、南峰に着く頃には消えていた。

 南峰では五竜や白馬が見えた。後から登ってきた人を見送り、ガスが晴れるのを待った。15:30、紐を解くようにガスが晴れた。一瞬の事だった。下りの布引山で槍が出た。小屋の夕食は小屋仕舞前のせいか豪勢だった。泊まりは5人で早めに寝た。

10/20 割と暖かい雨。爺ヶ岳は雪と氷化したトラバースを予想していたが、昨日より歩きやすい位だった。アイゼンは着けなかった。冬手袋が雨でぐしょぐしょになった。種池より下は、昨日の通過後、鎖がロープになったり、看板が少しずつ外されていた。下までガスだった。

4感想 1日目の午後は弱い疑似晴天か、フェーン晴れのような感じだった。当初、種池まで戻り2日目の爺ヶ岳のトラバースを消す計画だった。 

« 2013.10.14蓮華温泉~白馬岳往復 | トップページ | 2013.10.26~27峡彩山岳会60周年記念事業 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。