« 2013.06.08~09権内尾根~杁差岳往復 | トップページ | 2013.07.07柏原新道~鹿島槍往復 »

2013年6月13日 (木)

2013.06.09 片貝山荘~阿部木谷~毛勝谷~毛勝山、往復

Photo_2 Photo_3 1130 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_8 Photo_9Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15 ①雪渓入口
②暫く歩く③1130m(正面に大明神沢分岐)
④毛勝谷
⑤三又付近
⑥奥の二又
⑦コルは間近
⑧剣岳と赤谷・猫又・釜谷
⑨山頂の地蔵様
⑩南峰
⑪白馬方面
⑫コルから僧ヶ岳
⑬中流部を滑る




1.山域・メンバー 
北ア・渡辺(国)

2.行動記録
Photo
06:00 出発。車は片貝山荘の先、東又谷出合まで入る。先行車5~6台。
07:00 最終堰堤を通過。その先の板菱は割れ始めていたが、何とか雪渓で超える。
    もう薄い様なので、午後に気温が上がったらこの雪渓を使うか否か悩むであろう。
07:20 暫くデブリで汚れた雪上を歩き、1130mでスキーを付けた。
    前方に毛勝谷と大明神沢の分岐が見える。
08:30 1590m、三又からスキーを担ぐ。一直線に立ちあがっているダイナミックな谷と云う印象。
10:10 2050m、奥の二又(?)。振り返ると僧ヶ岳が視線に並んで来た。
11:10 最後は藪こぎ10mでボーサマのコル着。正面に剱岳が鎮座、思わず声が出る。
    ここからポコを超えて、一登りで山頂。
11:23 雪原の山頂は、北アの大展望台であった。地蔵様にご挨拶して乾杯。
    昼寝も出来る無風快晴、見飽きない景色。地元の単独の方と暫し話し込む。
12:40 シーズン最後に良い物を見れた。山頂にお別れ。
13:00 コルでスキーを付けて出発。左岸から登山者が登って来たので右に寄る。
    縦溝無しのボコが少しと、6月では過去最高の雪質。
13:15 三又を過ぎると斜度は落ちるが、雪も緩んで快適。
    大明神沢出合から汚れ始め、板菱手前で終了。
13:35 往路の雪渓を行くか考えたが、そのまま渡る。(一応、悩んだ。)
    結果として渡れたのだが、同じ事を100回やっても本当に大丈夫なのかと、
    迂回して渡渉する選択も有りだったと思う。
14:18 駐車場着。林道にブヨが居なかったのは嬉しい。
    シーズン最後に、良い1日だった。

3.報告
・急傾斜が延々と続くコース。石転び沢と云うよりは、ホン石転び沢に似ているかも。
・バリエーションも多々有るみたいなので、今度は5月に来てみたいです。

4.感想
・ラストランだった先回の薬師岳が凹凸雪(泣)でした。
 毛勝山のコンディションは良いと云う記録を見て行った所、大正解でした。
 私が参考にした記録を転用して、「毛勝山、ありがとう」です。

« 2013.06.08~09権内尾根~杁差岳往復 | トップページ | 2013.07.07柏原新道~鹿島槍往復 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。