« 2013.05.12大日杉~御坪 | トップページ | 2013.05.18大日杉~飯豊本山往復 »

2013年5月15日 (水)

2013.05.12 祓川~新山~新山北面~祓川

Photo 1300 Photo_2 Photo_3 1900 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 1 Photo_10 2 Photo_11 Photo_12 Photo_13 ①祓川駐車場
②1300m付近のポイント
③ポイントを抜けると基部が見える
④基部から北面を見上げる
⑤1900m付近
⑥外輪山が見えた
⑦神社
⑧七高山
⑨北面全容
⑩出だし
⑪左斜面に出る
⑫振り返る-1
⑬滑り台が続く
⑭振り返る-2
⑮稲倉岳
⑯帰り道から






1.山域・メンバー
 南東北・渡辺(国)

2.行動記録

11:00 象潟で天気待ち/仮眠をしていたら寝過してしまった。この時間では厳しいと思いつつ出発。
    山頂に届かなくても祓川から北面へのアプローチを確かめておけば、今期にもう一度チャンスは有るかも知れない。
12:05 仕入れた情報では、山荘から一登りして1250m付近を西へ向かっている。
    現地も雪が多そうで一見すると楽勝にも見えるが、実際には微妙に藪が有ったりして、ログを見ると右往左往しているのが判る。
    何とか1300mの藪こぎ地点に出ると北面の全容が見えた。この地点がポイントの様だ、やれやれ。
12:50 1286mへ降りて左手外輪山をトラバースする。落石が有るようなので、左上を見上げながら進んだ。
    1465mで休憩。この辺りを基部と云うのだと思う。先行の坪足の2人は北面に向かっているが、
    自分は初見なので廻り込みながら上を目指す。クラストや時間切れで進めなくなったら、そのまま往路を戻れば良い。
13:50 1965mで荒神ヶ岳からの西尾根を越した所で右手に外輪山と千蛇谷が見える。
    今日の雪は、滑るには少し緩いが登るには最適で、このピッチ500m/時間を稼げた。自分としては上出来。
14:35 山頂直前でテレ殿が北面へスタートして行った。坪足の2人であろうか?
    最後もシャリバテも、今日の天気に押されて登って来れた。何はともあれ、ビールを埋めて北面を見に行く。
    基部まで一直線の、まるで滑り台の様だ。テレ殿のシュプールを見るとガリは無く、これは楽勝だ。
    厳しい斜面だったら持ち帰るつもりだったが、楽勝であればと乾杯をする。
    七高山に1人現れたので手を振ってみたが、判らなかった様子。
15:02 15時を過ぎたので出発。右寄りにスタートして50mほど降りたら岩の間から左の斜面に入る。
    先行者は右のまま進んでいたが、こちらの方が広い。
    雪質は申し分無し。ややクラックが目立つのは、この時期谷筋を滑る事が多いからか。
    北向きなのでモナカ化を心配していたが、この時間でも日当たりは良好である。
15:15 雪も重くなり1630mで休憩。稲倉岳東面は西日の陰になった。
    お湯を沸かして腹を満たし、先月の中島台コースを辿りながら2度目の乾杯。
15:55 後は帰るだけ。残り200mも新雪を避ければまだまだ楽しめる。
    1350mからのトラバースで、スキーが意外と走ったのは嬉しい誤算であった。
16:05 1286mからは力技だったが、シールを付けた方が楽だったか。
    帰路は往路と別ルートも試してみたが大差なかった。
16:55 駐車場着。既に西日が傾き、七高山の下は陰に入っていた。

3.報告
・今日は雪の量/固緩/天候と全て良い状況だった様子、何か一つでも欠けるとそれなりに厳しくなると思います。
 強いて言えば、斜面にクラックが目立ったので、引掛け~転倒に注意をしました。
・下部アプローチは改善の余地があるかと思います。
 1150~1200m辺りまで滑ってシールで湿原まで登返した方が、スッキリとしたコースに成るような気がするのですが、
 地元の精通者ならご存知かも知れません。

4.感想
・先月の中島台で課題だった北面に行けて、感無量です。

« 2013.05.12大日杉~御坪 | トップページ | 2013.05.18大日杉~飯豊本山往復 »

」カテゴリの記事

コメント

おっ早速祓川からの北斜面に行ったんですね!
こちらは野暮用で行けませんでした。
今週末は行ってみたいのですがどうなりますか。
記録参考にさせてもらいます。

トラ山さんの山菜も色鮮やかで美味しそうです。(涎)

12日は石転び沢と迷いましたが、午前中の天気が良くないとの事で、
視界の無い中での沢筋を避けて鳥海山に転進しました。
宿願が1つ叶って結果的に良かったです。(11:00発は褒められたのもじゃ無いですけれど。)

私は北面から祓川に戻るコースが初見だったので往路も北面台地から登りましたが、
だいぶ融けたので通常コースを七高山へ登り、そこから降りる事も可能です。
その場合は、1300mの藪こぎ地点(一番左の緑○)に出るのがポイントのなろうかと思います。

コメントを有難うございました。


この記事へのコメントは終了しました。

« 2013.05.12大日杉~御坪 | トップページ | 2013.05.18大日杉~飯豊本山往復 »