« 2013.04.23 中島台~千蛇谷~鳥海山、往復 | トップページ | 2013.05.03マヤクボ沢~針ノ木岳 »

2013年5月 6日 (月)

2013.04.28イモリ平~金北山~横山

1.山域・メンバー 大佐渡山脈・桃パパ

2.行動記録
11:49イモリ平(650)~13:38鞍部(1050)~14:03金北山(1172)~14:51神子岩(790)~15:07水場(630)~15:23じゅんさい池(530)~15:39初盛分岐(480)~15:57横山分岐(480)~16:05水(450)~16:42横山口(180)~17:39横山バス停(30)

3.報告
 稜線の風は5m位、金北山東面は稜線の藪からトラロープが下げられていた。斜度は50度位で上は割れ始めていた。山頂で動画を取り、北峰から雪の斜面を降りた。すぐに露岩帯になり、また雪になった。降りきって夏道に入る所はガスるとわかりにくそうだった。神子岩下のブナ林は大分雪が少なくなっていた。尾根を外れる所にあった鳥居はなく、赤テープが付けられていた

カタクリの道をしばらく降り、水場手前は雪を降りた。水場には不動明王像があった。水場からすぐ先で沢筋を外れる所は雪があるとわかりにくいと思う。じゅんさい池は中央に水芭蕉が少しあった。初盛分岐は予定より9分遅れで着けた。横山分岐は指導標の角度が微妙で、まっすぐが安養寺、左側が横山だが、指導標を回り込まないと「横山」の文字が確認できなかった。16:05の水場には不動像と観音?像が供えられていた。ここを過ぎると登路が石の部分が多くなった。290m付近で両津湾と加茂湖がよく見える場所があった。下の方に椿が見えた。これは登山口の目印で、崩壊地を避け椿林を抜けると横山口に出た。田には水が張られていた。その中を蛙の声を聞きながらバス停まで降りた。18:05のバスに乗り19:30の舟で帰った。

4.感想 
金北山から3時間40分で国道に抜けれる横山口は優れた登路だと思う

Dsc_0524 Dsc_0527 Dsc_0529 Dsc_0535 Dsc_0541 Dsc_0546 Dsc_0549

« 2013.04.23 中島台~千蛇谷~鳥海山、往復 | トップページ | 2013.05.03マヤクボ沢~針ノ木岳 »

」カテゴリの記事

コメント

5月4日の日に横山登山道通りました。上の方の雪があるところ、ルートファインディングが必要かな〜と思っていたら踏み跡がバッチリあって楽チンでした。それとどこまでも続くカタクリの群落がすごかった!コースタイムはテント担いでカタクリや座禅草見ながら、山頂から登山道出口までちょうど3時間ってところ。登山道出口からバス停までは、途中で靴洗ったり顔洗ったりいらない装備片付けたりしてたので50分かかりました。

あそこのカタクリはいいですね。カタクリを見ながらのんびり歩きたいです。3月下旬頃は踏跡も少なくまた違った趣です。φ(・ω・`)

この記事へのコメントは終了しました。

« 2013.04.23 中島台~千蛇谷~鳥海山、往復 | トップページ | 2013.05.03マヤクボ沢~針ノ木岳 »