« 2013.04.14 中島台~千蛇谷~鳥海山、往復 | トップページ | 2013.04.28イモリ平~金北山~横山 »

2013年4月24日 (水)

2013.04.23 中島台~千蛇谷~鳥海山、往復

Photo Photo_2930 1200_3 1500 1800 Photo_3Photo_4Photo_6 Photo_7 Photo_8 ①中島台
② 930mから 新山
③1200mから新山
④1500mから千蛇谷方面
⑤1800mから新山
⑥千蛇谷から外輪山
⑦外輪山(拡大)
⑧神社
⑨新山から稲倉岳
⑩新山から七高山

1.山域・メンバー
 南東北・渡辺(国)

2.行動記録

05:40 出発。中島台の積雪は14日と比べて40~50センチ融けた様子だが、歩くには問題ない。
    週末に大勢が入ったらしくトレースが沢山と、GPSを出すことも無く赤川の橋に着く。
07:25 905m着。14日より更に好天。左手に新山が望まれ展望が開けるのは同じ。
    新雪で帰路は手漕ぎになるのも同じ。テント2張り有り。
07:45 1000m付近。まだ早いかとも思うが、風が出てきたのでフル装備にする。
    風に合間が有るので14日程では無く、顔が痛くなる事もない。
08:45 谷筋を歩いていたが日曜日の降雪が吹き溜まってパック雪の踝ラッセルとなる。
    疲れて来たので1200m付近で尾根筋に移ると幾分か楽になった。
09:25 1500mで稲倉岳を見て休憩。日が高くなり風も弱まった。
    シャリバテしたのか千蛇谷までが遠いが、この条件では山頂に立たない訳にはいかない。
10:20 1800mでまたもやエネルギー補給をしていると、ICIのYさんパーティーに追い付かれる。
    何時も単独なので、談笑しながらの歩きが新鮮だった。もう風も無く、溜まらずにインナーを脱ぐ。
11:40 神社着。屋根が3箇所ほど出ていた。スキーで新山に向かうが、シュカブラの段差が膝ほども有り、
    以前に守門でスキーを折った事が過ぎったのでツボ足に替えた。
12:15 最後はアイゼンの感触を楽しみながら新山に到着。
    帰路はシュカブラとパック雪で全く期待できない滑りであろうが、
    ここに来れた事が素直に嬉しい。外輪山に付いている氷雪が圧倒的な迫力だった。
12:25 ICIチームは帰って行ったので1人乾杯。風は有るのだけれど、背を向ければ大丈夫。
    外輪山に人影有り、滝の小屋から登って来た人か。
13:20 970m台地で装備を解き、踵をフリーにする。
    上はシュカブラ、その下がパック雪、1700-1500m付近だけが丁度よい溶け具合。そこからは生コンであった。
    だけれども満足、だから乾杯。
14:25 駐車場に帰着。ICIチームがグサ雪を踏んでくれたので14日より楽に戻れた。

3.報告
・1000mで吹かれた時は14日の二の舞かとも思いましたが、山頂を踏めて良かったです。
・雪質がイマイチだったのは残念。1日も早いザラメ化が望まれます。
 (ザラメ化が先か、中島台の雪が溶けるのが先か。新雪はもう降らなくても良いです。)

4.感想
・何はともあれ、行けて良かった。ICIチームの皆さんも有難うございました。

« 2013.04.14 中島台~千蛇谷~鳥海山、往復 | トップページ | 2013.04.28イモリ平~金北山~横山 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。