« 2013.04.13イモリ平~金北山~防衛省管理道路 | トップページ | 2013.04.23 中島台~千蛇谷~鳥海山、往復 »

2013年4月16日 (火)

2013.04.14 中島台~千蛇谷~鳥海山、往復

Photo_6 Photo_2Photo Photo_3 Photo_4 1200 1200_2 1300 Photo_5















1.山域・メンバー
 南東北・渡辺(国)

2.行動記録

05:10 出発。中島台の積雪は70センチ程。赤川の橋を目指すがルートを間違い、GPSを出して修正する。
    赤川を渡るのはここ以外だとなかなか面倒で、この橋にピンポイントで到着するのがポイントだと思う。
06:55 905m着。左手に新山が望まれ展望が開ける。右は稲倉岳東壁の末端で、素晴らしいロケーション。
    ここまで新雪が踝程度。緩登で畝りが多い地形と、帰路はスキーを漕がないとならないだろう。
07:20 1000m付近から北面台地に取付くが風が強まる。新山が見えているのを励みに前へ進む。
07:55 1200m付近。いよいよ風は強まり、堪らずに目出帽を着ける。
    この先、風を遮る手段は無いのでオーバー手袋に換えてインナーも着込んだ。
    更に谷の中は吹溜っている様なので必要ないと思うが念為にクトーも装着した。
    もうこれは完全装備、既に4月半ばなのですけれど。
08:35 1300m付近からは風が弱まる。地形の影響か天気の推移かは判らない。
09:00 更に進んで谷筋に入ると、吹溜りでシールに下駄が出来たのでシールワックスを塗る。
    再び風も強まり前を向くと顔が痛い。下駄と合わせて体力を消耗する登高となった。
09:15 二度目のシールワックスで下駄も解消したが、もう前をまともに見ることは出来ない。
    雪煙に塗れて外輪は見えないが、新山は何とか確認できる。ひたすら進むのみ。
09:30 体が2回ほど風で煽られた。暫く立止まって前方を見る。
    天気が下り坂で進むほど状況が悪くなるのは明らかで、撤収する事にした。
09:45 標高1600mを出発。撤収作業は思いのほか難儀で、風雪の中で用具が埋まって行くのは焦りが入った。
    帰路は稲倉岳を目掛けて滑りだすが、足元が見えず平衡感覚を失って3回ほど転倒する。
    転ぶ度に笑い声を発している自分がマヌケに思えた。
10:05 930m。新山が望まれる所で一人お疲れ会。やや風が有るので穴を掘って快適にする。
    風は新山方面から吹いてくるので稲倉岳東面を愛でながら、気がつけば1時間を過ごしていた。
11:55 グサ雪を漕ぎながら、駐車場に帰着。


3.報告
・視界まあまあ、気温上昇でクラスト無し、と思い望んだのですが甘かったです。
・1600mでの撤退は時間を残している中で迷いましたが、遅いくらいだった様です。
 また撤収作業に苦労したのは用具の取扱いが甘いからで、反省点です。

4.感想
・風が強かった、それだけです。

« 2013.04.13イモリ平~金北山~防衛省管理道路 | トップページ | 2013.04.23 中島台~千蛇谷~鳥海山、往復 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。