« 2013.03.30姥沢~月山~志津 | トップページ | 2013.04.09 二分~二口~本高地沢右岸尾根~守門袴岳、往復 »

2013年4月 7日 (日)

2013.04.05 嫁郷~大戸沢岳~桑場小沢~嫁郷

Photo Photo_2 Photo_3 1426 1500Photo_5 1426_3 Photo_6 Photo_7










1.山域・メンバー 南会津・渡辺(国)

2.行動記録

○今日は早立ちは出来ない事情があり近場の守門を考えていたが、
 週末は大荒れの予報との事で2000m級は今日しかないと大戸沢岳に転進した。
 現地着は12:00となるが、登り4時間+降り1時間で勝負になるか否か。

12:20 出発。平日金曜日も車は5台、みんなこの天気が今日一杯と知っているのだろう。
14:00 1386mを通過。最初の取付きは雪が切れている箇所も有り、そろそろシーズン終了か。
    眼下の下大戸沢はデブリだらけだが、雪は繋がっている様子。   
14:25 1553mのポコを超える。桑場小沢の上部はデブリが出ていて、
    3月に行った沢は下部に滝が出始めている様子と、いずれも帰路は却下となる。。
    これで帰路の第一候補は1547mを経由する北東尾根となった。
15:45 稜線着。燧ケ岳とご対面して時間が無いのでここで終了する。
    快晴無風なので乾杯は省略出来ない。ついでにワックスも塗りなおす。
16:15 山頂発。日が陰って雪質が心配だったがフィルムクラスト+軽いモナカ。
    もう1時間早ければと、実に惜しい斜面。
    標高が下がれば充分に滑れると判断して、予定の北東尾根に進む。
16:26 1811m。モナカも緩まり、もう自在にターン出来る。
    正面に1426mを見ながら大斜面は素晴らしいの一言。
16:30 1547mを通過。この辺からは期待していなかったのだが、
    今日は雪の緩み具合が宜しく適度な斜度と合わせて上部に劣らない滑りが楽しめた。
16:33 樹間が狭まって来てターンが億劫になって来た頃、1400mから左手沢筋が中ノ沢まで達しているのを見る。
    傾斜が有るので2ターンくらい様子を見るがスラフは出ない様子。労無く中ノ沢に降り立つ事が出来た。
16:37 中ノ沢着。1123m北面も木々が薙ぎ倒されている。
    先月に桑場小沢で見たデブリが1123mの尾根を超えたのだろうと思う。
17:00 下山。下大戸沢本流は雪こそ続いていたがデブリの山で、途中から板を担いだ。
    (一面に木々が散乱していて滑れる代物では無かった。雪が繋がっていただけでラッキーです。)


3.報告
・時間的に褒められた計画で無いのは承知ですが、この天気で1500m級では終わらずに高みに行けたのは良かったです。
・本流の雪の繋がりが心配でしたが、豊富なデブリでしっかりと埋まっていました。(その代わり木々で斜面はキレイでは無い。)
・下部の尾根取付は雪が切れ掛かっています。あと1週間持つか?

4.感想
・何度来ても素晴らしい。その一言です。

« 2013.03.30姥沢~月山~志津 | トップページ | 2013.04.09 二分~二口~本高地沢右岸尾根~守門袴岳、往復 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。