« 2013.03.24 大峠~鉢伏山~飯森山、往復 | トップページ | 2013.04.05 嫁郷~大戸沢岳~桑場小沢~嫁郷 »

2013年4月 2日 (火)

2013.03.30姥沢~月山~志津

Dsc_0619 Dsc_0665 Dsc_0676Dsc_068320130330gps












 下り1880付近から 

1.山域・メンバー 出羽三山・桃パパ

2.行動記録
07:59姥沢(1170)~10:07姥が岳(1669)~10:20~48休憩(1660)~11:15柴灯森(1700)~11:21 1729ピーク西(1690)~11:37~12:01 1729ピーク東(1710)~12:51山頂台地(1970)~12:56芭蕉碑(1970)~13:11芭蕉碑(1970)~14:24柴灯森(1700)~14:54~15:05休憩(1660)~15:14姥が岳(1669)~15:59姥沢(1170)~17:25志津(730)

3.報告
志津から姥沢まで除雪済だが、一般車は進入不可。雪は程よい固さで壺足でも潜らず滑らず。1285付近で姥が岳にコンパスを合わせる。西に白い湯殿山。姥が岳を越えると風の流れが早い。寒気で頭がキーンとしてきたので1688ピークの陰、風が消えた所で、オーバー手、目出帽、アイゼン、フリースを着ける。1688ピークと柴灯森の鞍部が西風が一番強かった。柴灯森の南からガスに入り、この先北側に落ちると厳しいので慎重に歩いた。1729牛首ピークの東で視界がなくなり12:00まで待機した。帰り掛けた頃登路が少し見えたので東の斜面を登った。ガスの中、鍛冶小屋跡方面にトラバースしていくと、上方に微かに石組が見えたので上がると山頂台地に出た。微かに出ていた指導標を辿ると。石碑があり、雪を削ると「雪」という文字が見えた。その先指導標が消え、いつの間にかリングワンデリングしていたので、引き返す事にした。登りのアイゼン跡は風で消えていたので、GPSを持ちトラックバックした。1880位からガスが晴れ、動画を撮っていると、ピッケルが雪面と擦れる(カラコロ)という音がした。これが冬の名残で、その下は春の世界に戻っていた。

4.感想
①牛首の西と東で都合1時間待ったのは良かったと思う。
②登路を探すのに手間取ったせいか下山後目が充血した。

« 2013.03.24 大峠~鉢伏山~飯森山、往復 | トップページ | 2013.04.05 嫁郷~大戸沢岳~桑場小沢~嫁郷 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。