« 2013.03.17二分~猿倉山 | トップページ | 2013.03.24二分~青雲分岐~大岳周回 »

2013年3月20日 (水)

2013.03.17 南俣~二王子岳~独標南側の尾根~南俣

Photo_2 Photo_3 Photo_4 ①独標から先の様子
②油こぼし
③油こぼしを登り上げて




1.山域・メンバー 飯豊前衛・渡辺(国)

2.行動記録
Photo

07:20 出発。本日は大入り満員で、車は既に20台以上であった。
08:10 二王子神社を通過。好天の雪は固く、1合目からクトーを着ける。
09:30 一王子を通過。
10:05 独標でYさんパーティーに会う。12月の月山以来で、早速山スキー談義に花が咲いてしまった。
11:00 油こぼしを通過。クトーで登り上げる事が出来た。
    三王子からはクトーが軋む大変固い雪であったが、山頂から降りてくる人はアイゼンを着けて無くて不思議だった。
11:35 頂上小屋着。感嘆する眺めではあるが、やや風が強くて小屋で寛ぐ。暫くしてYさんパーティーも到着。
12:55 小屋発。充分に休んだので雪も緩んだ様だ。名残惜しいが主稜線の展望もここまで。
    三王子の斜面は意外と楽にこなせた。今シーズン、靴を4バックル(スカルパ)に変えた効果かも知れない。
13:25 6合目/1150mでYさんパーティーとお別れして、独標南側の尾根に進む。
    今季2月に下から登ってこの尾根を滑ったところ、通常コースと比べ疎林でスキーに適していた。
    ただ神社から尾根取付けまでが長くて、通常コースを登り上から滑って適当な所で登高ルートに戻ることは出来ないか?と試してみたかったのである。
13:55 標高720mの谷底に到着。カッ飛ばす事こそ出来ないが快適なツリーランだった。
    到着した720mから下は、沢が既に割れ始めて水線も出ており、今日トライ出来たのはラッキーだった。
14:25 一服着けて、20分程の登返しで往路と合流。一王子からのグサ雪も割目無く楽しいが、それも1合目登りの杉林でお終い。
14:50 神社を通過、ここまでの杉林が腿に効いた。今日の天気に感謝して、新コースにトライ出来た喜びが沸いてくる。
15:30 南俣着。林道は雪切れが5~6か所あり、お世辞にも快適では無かった。TLTは脱着が苦手なのである。


3.報告
・普段スキー情報を交換して下さっているYさんと再会。大勢で楽しい山行でした。
・好天と雪の快適さが両立しないのがこの時期。難しいところです。

4.感想
・720m以下で谷が割れていたのは意外で、マージンを取って900m付近から谷に降りてはどうかな、と思いました。
・三王子から1112mを経由して降りるコースはどうなのでしょうか?下道の長さ、この標高で雪は着いているのか、などハードルは有りますが、来季以降の課題です。

« 2013.03.17二分~猿倉山 | トップページ | 2013.03.24二分~青雲分岐~大岳周回 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。