« 2012.04.29西俣の峰~頼母木山 | トップページ | 2012.05.19大日杉~飯豊本山 »

2012年5月 6日 (日)

2012.05.05大雪渓~白馬岳

08:31猿倉(1240)~09:43~10:00白馬尻(1530)~12:15~23休憩(2180)~13:18~29葱平(ネブカピラ2430)~14:11電池交換(2640)~15:24白馬岳(2932)~15:47白馬山荘(2830)~17:05白馬尻(1530)~17:43猿倉(1240)

4日の遭難は行きの車中で知った。猿倉荘の臨時駐車場に停めた。すぐ雪に乗った。長走り沢は少し上の沢身を渡った。

白馬尻で昨日泊まった人とスライド。主稜のテントが半分雪に埋まったとか、朝は吹雪だったとか言っていた。遭難救助のためのヘリコプターがひっきりなしに飛んでいた。遠くでドーンと雪崩の轟音がした。

2180mから斜度が出るので少し休んだ。ここから葱平まで新雪の青っぽい雪が目立った。アイゼンは上り下りとも着けなかった。ここで着けると石転びを歩けなくなる気がしたから。

葱平を過ぎると南西からの卓越風が活発になった。斜度の緩い所だったが風に体が押され、後ずさりした。堪らず目出し帽、オーバー手、ヘルメットを着けた。風は雪を巻き上げ、起毛したパンツの上から「ぱちぱちぱち」と、散弾銃のように攻撃してきた。登りは風を避けようと頂上宿舎寄りに歩いた。頂上宿舎の陰に入ると風が消えた。頭上は青空を流れる雲が消え、灰色の雲になっていた。

 白馬山荘から先は視程20m位 軟雪がうっすらという所が多かった。山頂で写真を撮って山荘でラーメンを食べた。下りは2600m位から視界が出た。グリセードを練習しようとしたけど、雪が滑らなかったのでネブカピラから2100mまで型を思い出しながら10遍位滑落停止した。斜度が緩むと石が目立ってきたので、普通に歩いた。曇天で、高妻と乙妻に光が射していた。白馬尻で雨がポツポツ当たった。本降りにならなかった。長走沢は小尾根を越え、雪をつなげて下りた。下りのログが右岸に飛んだのは滑落停止練習の影響だと思う。ログが猿倉荘に寄ったのはカツカレーが食べたかったから。

感想 ①ネブカピラから先の風はきつかった。あれが続いていたら撤退したと思う。②一方、晴天だけの山より自分にとっては身になった。③皆アイゼン使ってたけど、昨日の雪では必要ないと思った

20120505gps 1r0022985 1r0022989 1r0022958 1r0022962 1r0022963 1r0022972 1r0022971_2 1r0022973

« 2012.04.29西俣の峰~頼母木山 | トップページ | 2012.05.19大日杉~飯豊本山 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。