« 2011.10.08~09川入~飯豊本山 | トップページ | 飯豊山名考2 »

2011年10月30日 (日)

2011.10.29越後白山

20111029gps_2 1.山域・メンバー 川内山塊・単独

2.行動記録 11:30黄金の里(120)~11:42慈光寺(160)~12:23三合目(450)~13:46小屋(1010)~13:49~14:08白山(1012)~14:37天狗の腰掛(760)~15:02五合目(670)~15:31鉄塔(346)~15:51慈光寺(160)~16:04黄金の里(120)

3.報告 黄金の里から杉並木を歩く。慈光寺を過ぎ、西の尾根に取り付く前に水を汲む。3合目までは、雪のつき始めに気を遣う所がある。3合目で主尾根に乗る所は杉がある。少し登ると飯豊が見え始める。大日岳から北股位。少し白いのは雪の筋だと思う。7合目から少し斜度が出て9合目で木が矮小化すると斜度が緩む。小屋は清潔な感じ。小屋東の鯖池は涸れている。下りは田村線(東の尾根)に入る。西の尾根より下りやすいと思う。760mの斜度の緩んだブナ林に、天狗の腰掛け(7合目)という奇形ブナがある。クマ撃ちが目当て場に使った木だと思う。

798ピークとその北東の小さなピークを越えると少しぬかるんだ所がある。夏、ヒルが出るのはこの辺りと思う。地形図の距離感が甘く、北北東の684ピークの尾根が678ピークに見える。すぐに678ピークの杉林に着き、自分の誤りに気づく。
 678ピークからは最初急なつづら折りがあるけど、気持ちの良いブナ林が続く。尾根の最後は天狗を祭った祠で、鳥居をくぐると慈光寺に出た。
                                 2011.10.30桃パパ

4.感想
 冬の下調べ。田村線は歴史を感じる登路。尾根の杉のある所は、昔建物があった所だと思う。

1r0019810 1r0019813 1r0019816 1r0019820 11:37水の流れ
12:21尾根に乗る
13:13遠くに飯豊
13:46白山避難小屋

1r0019824 1r0019826 1r0019831 1r0019835 13:50山頂から
13:51山頂
14:21五剣谷岳など
14:35天狗の腰掛け

1r0019839 1r0019841 1r0019846 1r0019847 15:00尾根分岐
15:19登路
15:30鉄塔から
15:43尾根の終わり

« 2011.10.08~09川入~飯豊本山 | トップページ | 飯豊山名考2 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。