« 2011.08.07足の松尾根~頼母木小屋 | トップページ | 2011.09.23扇沢~針ノ木岳 »

2011年9月11日 (日)

2011.09.10~11扇沢~針ノ木岳

1r0019313_2 1r0019351_2 1r0019388_2 1r0019257_2 1r0019249



1.山域・メンバー 後立山・単独

2.行動記録 
09/10
07:36扇沢(1380)~08:46大沢小屋(1680)~11:36~42針ノ木小屋(2530)~13:01~14:01針ノ木岳(2820)~14:50針ノ木小屋(2530)
09/11
04:46針ノ木小屋(2530)~05:39~06:28針ノ木岳(2820)~07:10針ノ木小屋(2530)~09:08大沢小屋(1680)~10:04扇沢(1380)

3.報告
9/10
 大沢小屋まで夏道。所々水を汲める。大沢小屋は閉じていた。大沢小屋から先もずっと夏道。沢から冷気が上がってくる。左岸に下りて、右岸に渡り、右岸の端っこをしばらく歩いて雪の溜まった「ノド」の下で左岸に戻る(1980)。ここから高巻きして2100mで本流に戻ると伏流帯になって、最後つづらおりを繰り返して小屋に出る。小屋では布団を干していた。小屋の展望は槍の穂先が見える位。ガスの中を針ノ木まで上がった。そしてガスの中で目を閉じた。

そのまま少し寝て、起きたけどまだガスだった。それで小屋まで下りたとき予定を変更して泊まる気になった。というのは、来年までここに来ないので展望を見たかったから。それで家と事務局に連絡した。小屋主は5月に二週連続で来た自分を憶えていた。部屋はヤマネの6番で、晩まで横になって原稿を練った。月の明るい晩だった。夜中トイレに立ったとき、月明かりで夜の稜線を撮った。

09/11
 湿度の高い日になりそうだったので、早めに小屋を出た。僕の好きな富士は見えなかったけど、山頂で槍や鹿島槍を見ながらゴロゴロして、ガスが上がってきたので早めに下りた。

                            2011.09.13桃パパ

4.感想
針ノ木はやっぱり雪があった方がいい。夏道は新鮮だった。

1r0019244 1r0019245 1r0019247 1r0019248 ①大沢小屋を過ぎた辺り
②左岸に下りた
③振り返る
④ノドの高巻き始まり


1r0019250 1r0019251 1r0019252 1r0019257 ⑤振り返る
⑥ノドの雪
⑦振り返る
⑧布団干し


1r0019262_3 1r0019266_3 1r0019282_2 1r0019288_2 ⑨蓮華岳
⑩針ノ木谷出合方面
⑪船窪方面
⑫振り返る


1r0019289 1r0019301 1r0019313 ⑬高瀬ダムの上だけガスが切れてる。
 水のせい?
⑭スバリ岳
⑮夜の槍ヶ岳



1r0019320 1r0019340 1r0019351 1r0019370 ①夜明け前
②後立山
③山頂
④五色ヶ原


1r00193741r0019388 1r0019376 1r0019385 ①立山剣
②槍ヶ岳
③スバリ岳
④日本海

« 2011.08.07足の松尾根~頼母木小屋 | トップページ | 2011.09.23扇沢~針ノ木岳 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。