« 飯豊山名考 | トップページ | 2011.07.31鉾立~鳥海山 »

2011年7月18日 (月)

2011.07.16~17肘折~月山~姥沢


1.山域・メンバー 出羽三山・単独 GPSLOG

2.行動記録 
7月16日 05:25肘折温泉(300)~06:31登山口(530)~06:59大森山東鞍部(690)~07:17大森山西鞍部(680)~07:40水(690)~湯殿山碑~08:01猫又沢(710)~08:43一の地(920)~09:01赤沢川(910)~10:07登山道入口(1160)~10:17小岳標柱(1190)~11:06~14念仏ヶ原小屋(1080)~12:01尾根(970)~12:13清川橋(930)~14:28千本桜付近(1500)~15:33水(1700)~16:43月山頂上小屋(1970)
07月17日 06:18月山頂上小屋(1970)~08:42姥沢小屋(1190)~08:55~10:10姥沢バス停(1150)~(町営バス500円)~11:10~45西川町BS~(高速バス1150円)~12:37~13:02山形駅~(新幹線2260円)~13:48~14:10新庄駅~(路線バス)~15:05肘折(300)

3.報告
 7月16日 駐在所の崖下に駐車。肘折簡易水道を過ぎると、右手に朝日台の牧草地が広がる。530m登山口まで車で行けない事はないが、FFだと腹を擦りそうな所がある。登山口を過ぎてまもなく山稼ぎの老夫婦をパス。以後清川橋まで人に会わなかった。大森山鞍部まで巻く感じの道。残雪期は苦労しそう。展望は大森山東鞍部までない。道形も地形図と違い巻く所が多い。

 大森山西鞍部を過ぎて北斜面を巻気味に歩いていると、右手に赤テープが下げてあり。右手に降りると、水が湧いていた。冷たくていい水だった。この先程なく湯殿山碑があった。その先の猫又沢は、温い水だった。08:43の一の地(920)は、急登を 上がって斜度が緩んだ所にある。看板に「一の地、立川町大蔵村境」と書かれていたので、本当は「市の地」で物々交換していたかもしれない。赤沢川の水は 冷たくおいしかった。流れの側に大きな水芭蕉の葉があった。小岳の登りがもう終わるという頃10:07「登山道入口」と書かれた看板が出てきた (1160)。これは国立公園との境という意味のようだった。小岳標柱の先で初めて月山が見えた 。それまで立木に阻まれて見えなかった。念仏ヶ原への下りに掛かると右手に雪が残り水芭蕉が咲いていた。念仏ヶ原小屋の中は、非常食、ラジオ、救急箱などよく整理され、地域の気持ちを感じた。小屋の先は池糖になり、ニッコウキスゲの向こうに月山が姿を見せた。ワタスゲも多かった。木道の脇に水芭蕉の葉が目立つようになると高度を下げはじめ細尾根になった。割と急な尾根で 残雪期苦労しそうだった。12:01尾根の左脇で水を採ったが、濁っていたので捨てた。その下の沢で良い水が採れた。沢をへつり気味に進むと:清川橋に出た(930)。ここは大きな川だった。

 その先1200mまで巻気味の急登。ここも残雪期苦労しそうだ。ちょっと登った所で、月山を守る会の道刈の人達とスライド。足を止めた後、歩き出したとき。足が笑っているのに気づいた。1200mを過ぎ斜度が緩むと股擦れが出始めた。14:28に千本桜付近 を通過している筈だが標識はなかった(1500)。展望は開けたが、ガクンとペースが落ちた。インナーを脱ぐと股擦れが大分楽になった。 15:33沢で水を採る(1700)。小屋は指呼の内だが、大分ペースが落ちた。当初17:25のバスで姥沢から新庄に出て、翌朝肘折に車回収に行くつもりだったが、とうてい間に合わない。姥沢までは行けるが翌日のバスが10:10までない。それで山頂に泊まって弥陀ヶ原~鶴岡オプションも検討する事にした。(結局、鶴岡回りは陸羽西線の連絡が悪く断念した)夕食は月山筍の天ぷらなどでおいしかった。部屋は八畳ほどに3人だった。

07月17日 05:00前に起き出して、神社でお払いを受け写真を撮って降りた。新庄駅を出たバスが湯の台にさしかかり遠くに月山が見えたとき幸せだった。 2011.07.17桃パパ

4.感想
①昭和のゆっくりした時間の流れを感じた。バスで車を回収に行くというのもいい。
②月山をつまらない山と思っている人に肘折はお勧め。
③標高の低い部分が長く、暑いので、6月中旬位に行きたい。

7月16日

1r0018243 1r0018244 1r0018245 1r0018247 ①05:39朝日台
②06:33登山口
③06:40登路
④06:55巻道


1r0018248_2 1r0018258 1r0018260 1r0018261 ⑤06:57大森山東鞍部
⑥07:42水場
⑦07:51湯殿山碑
⑧08:04猫又沢


1r0018266 1r0018269 1r0018273 1r0018282 ⑨08:42一の地
⑩08:59赤沢川
⑪10:07官民境
⑫10:15小岳標柱



1r0018283 1r0018287 1r0018291 1r0018292 ⑬10:24展望
⑭10:25月山が見えた
⑮10:34水芭蕉
⑯10:46池糖


1r0018295 1r0018296 1r0018298 1r0018303 ⑰11:05念仏ヶ原避難小屋
⑱11:06念仏ヶ原避難小屋
⑲11:06念仏ヶ原避難小屋
⑳11:16ニッコウキスゲ


1r0018305 1r0018307 1r0018318 1r0018320 ①11:21ワタスゲ
②11:28池糖
③11:58沢
④12:12清川橋


1r0018323 1r0018325 1r0018330 1r0018334 ⑤12:33道刈の人
⑥13:34振り返る
⑦14:46登路
⑧15:28登路


1r0018335 1r0018349 1r0018350 1r0018351 ⑨15:33水場
⑩16:22雪
⑪16:34振り返る
⑫16:40小屋



1r0018358 1r0018359 1r0018376 ⑬18:55鳥海山と神社
⑭18:55東方向
⑮19:48夜景



7月17日
1r0018378 1r0018388 1r0018389 1r0018402 ①05:05肘折方面
②05:14神社から鳥海
③05:16神社から小屋
④05:24肘折方面


1r0018403 1r0018409 1r0018410 1r0018423 ⑤05:24北側の展望
⑥05:29南側の展望
⑦05:29鳥海
⑧05:33鳥海



1r0018440 1r0018445 1r0018450 1r0018455 ⑨06:23ヒナウスユキソウ
⑩06:25姥ヶ岳方面
⑪06:29朝日と大井沢
⑫06:38姥ヶ岳方面



1r0018457 1r0018462 1r0018464 1r0018487 ⑬07:02登路
⑭07:21登路
⑮07:41振り返る
⑯15:12肘折に戻った

« 飯豊山名考 | トップページ | 2011.07.31鉾立~鳥海山 »

」カテゴリの記事

コメント

パパさん、ご無沙汰しています。
肘折ルートは良いですよね。裏月山という感じです。
岩根沢ルートもかなり良いですよ。
昨年、岩根沢から登って肘折に下りると言うコースをやりましたが、月山とは思えないボリューミーコースになって非常に楽しかったです^^

daichan、肘折にコメントいただいて嬉しいです。
daichanの言う事よくわかります
情感のある本当にいいルートですね。
岩根沢もいつか行きたいです。
雪の残る時期にもう一度肘折から入ろうと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飯豊山名考 | トップページ | 2011.07.31鉾立~鳥海山 »