« 2011.06.04大日杉~飯豊本山 | トップページ | 飯豊山名考 »

2011年7月 4日 (月)

2011.07.03弥彦山~角田山

20110703gps2_2 1.山域・メンバー 弥彦角田山塊・単独

2.行動記録 
08:51弥彦神社(60)~09:22トラバース(310)~09:29五合目(350)~09:50夏道(490)~10:01九合目(560)~10:13弥彦山(634)~11:10多宝山(633)~11:33標柱(400)~11:51石瀬峠(180)~12:07樋曽峠(100)~樋曽山(296)~13:39分岐(240)~14:02福井山(235)~14:18五箇峠(170)~15:26浦浜分岐(370)~15:41灯台コース分岐(430)~15:59角田山(481)~16:33水場(250)~16:51稲島(70)~18:18~25巻駅(0)~18:45吉田駅~18:52弥彦駅(10)~19:16弥彦神社(60)

3.報告
 手頃な枝を二本拾って杖にする。尾根裏から五合目に出て、五合目から冬道。足を試すようにゆっくり歩く。弥彦山頂は緑が増え、海岸線が少し見える位。ロープウェイ駅で、ソフトクリームを買って舐めながら歩く。

  高頭仁兵衛翁碑からヘリコプタがホバリングしてるのが見える。程なく表参道の一本南の尾根で誰か吊り上げられて行った。多宝山の先の標柱から尾根通しの 道が東にトラバース。石瀬峠に降りると草が生い茂っている。樋曽峠も入り口がわからない位草があるが2,3歩入るとすぐはっきりした道になった。250 ピークを越えた所で山野草を見てるとオオスズメバチが来た。小指位あるオレンジ色の奴だ。虫除けバンドのせいか離れてくれた。樋曽山北面は藪化していた。五箇峠に降りると町内の団体風の人達で賑わっていた。


 五箇峠から緩い登りにかかると股ずれの兆候が出た。ここも草が生い茂っていて展望は効かなかったが、一カ所海が見える所があった。浦浜(五箇浜)分岐を過ぎると傾斜が緩くなった。灯台分岐から長く歩いた。角田山の山頂木道に兎が居た。四郷屋浜が見える場所の下に、オオスズメバチが一匹。五合目の水場で体を拭き、頭のタオルを湿らせた。巻駅に行く途中、Plaisirでオムレットを買って、駅まで食べながら歩いた。
                                  2011.07.04桃パパ
4.感想
山と言うより旅。普通に歩けることが嬉しかった。

1r0018113 1r0018114 1r0018116 1r0018117 1r0018124 ①10:00崖松
②10:10弥彦
③10:32山頂から
④10:32多宝山
⑤12:25多宝山

1r0018129 1r0018130 1r0018137 1r0018145 1r0018147 ⑥13:11樋曽山
⑦13:21樋曽山北面
⑧14:51海
⑨16:04木道の兎
⑩16:14四ッ郷屋浜

1r0018149 1r0018150 1r0018152 1r0018155 1r0018156 ⑪16:16階段
⑫16:34水場
⑬17:33縦走路
⑭17:45オムレット
⑮19:01お囃子

« 2011.06.04大日杉~飯豊本山 | トップページ | 飯豊山名考 »

」カテゴリの記事

コメント

木道のウサギが可愛い。
足だいぶ良くなった用でよかったです。

私は、黒戸尾根テント泊縦走の代わりに店長に白毛門・朝日岳ピストンと谷川岳(間車中泊)を提案して、6月28・29と単独で山に入ってきました。
谷川岳は残雪が多くて、マチガ沢の雪渓を見ながら石転び沢を想像しました。

お疲れ様です。足は治りました。
もう少し軽い山をやったら、テント持って歩こうと思います。

白毛門・朝日岳って長くないですか?すごい。

石転びの雪も大分溶けたみたいです。
自分が好きなのは5月初旬から4週位まで。
来年はその頃石転びに入れるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011.06.04大日杉~飯豊本山 | トップページ | 飯豊山名考 »