« 2011.04.30イモリ平~金北山~横山 | トップページ | 2011.05.08針ノ木雪渓~針ノ木岳 »

2011年5月 5日 (木)

2011.05.04針ノ木峠

1r0017016 1r0017023 1r0017025 1r0017035

20110504gps


1.山域・メンバー 後立山 単独

2.行動記録 08:13扇沢(1420)~08:36堰堤(1500)~09:32引返地点(1780)~10:06大沢小屋(1670)~10:26入渓点(1740)~12:15マヤクボ沢出合(2240)~13:24~45針ノ木峠(2536)~15:10大沢小屋(1670)~15:15堰堤(1660)~15:51扇沢(1420)

3.報告
 駐車場が満車で、お願いして駐車した。最初から雪に乗る。トレースは左方向(右岸)と右方向(左岸)の二つ。夏道のイメージで左岸を選択。1500mの堰堤から高巻く。ちょっと高巻き過ぎ。右岸に賢そうなトレースが見える。09:32引返し地点(1780)ここは鳴沢右岸尾根。直下に幕営跡あり。鳴沢岳のバリ狙いか。道迷いのビバークか。尾根を下りて、河岸段丘の林から緩い沢をいくつか越えて大沢小屋に着いた。ここまで1時間50分かかった。

 本流はデブリに埋もれていた。目先新しいのはなさそうだった。デブリを避け右岸沿いを歩いた。潜りやすい雪だった。マヤクボ沢出合から上はクラストした所と潜るところと交互に出てきて遅くなった。ずっと坪足だったが、マヤクボ沢出合でアイゼンを着けた方が早く上がれたかもしれない。峠直下は雪庇に亀裂が入っていた。それをマークしながらトラバースして峠に出た。

 小屋脇に赤いテントが張られていた。楽しみにしていた富士は見えなかった。槍がぼんやり。北は鹿島槍の奥に五龍と白馬が微かに見えた。針ノ木岳と蓮華岳の斜面を見た。いつもなら登るが、今日は失敗の仕方が悪いので、ここで止めた。下りはマヤクボ沢出合までアイゼンを着けた。その先、靴を滑らそうとしたけど、潜る雪で時間が掛かった。一度ボードに抜かれたけど、デブリで外してる間に先行する位の雪だった。大沢小屋のすぐ下で、右岸に渡り、堰堤を越えると40分程で扇沢に着いた。 2011.05.05桃パパ

4.感想 
上まで行けず残念。右岸道に気づかなかったのは頭が硬かったと思う。

1r0016999 1r0017006 1r0017013 ①08:12最初から雪
②09:29引返点
③10:00好きな写真


1r0017014 1r0017016_2 1r0017019 ④10:12大沢小屋
⑤10:31本流
⑥12:18マヤクボ沢


1r0017020 1r0017021 1r0017023_2⑦12:18針ノ木雪渓上部
⑧12:18振り返る
⑨13:24蓮華岳


1r0017025_3 1r0017026 1r0017035_2 ⑩13:46槍ヶ岳方向
⑪13:55鹿島槍方向
⑫15:19好きな写真
    2011.05.05桃パパ

« 2011.04.30イモリ平~金北山~横山 | トップページ | 2011.05.08針ノ木雪渓~針ノ木岳 »

」カテゴリの記事

コメント

昨日夜、「岳」を見てきました。
北アルプスの遭難を助ける救助隊の話でした。
桃パパのこと思ってみてました。
雪の山、気をつけてください。

まささん、お疲れ様です。
「岳」面白いらしいですね。

ご心配いただいてありがとうございます。
僕は、自分の器知ってるので
あまり怖い所行かないから大丈夫です。

雪山は怖い部分もあるけど、算数の問題を解くみたいな
面白さがあります。でもやっぱり怖いですね(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 2011.04.30イモリ平~金北山~横山 | トップページ | 2011.05.08針ノ木雪渓~針ノ木岳 »