« 2011.04.24姥沢~月山 | トップページ | 2011.05.04針ノ木峠 »

2011年5月 1日 (日)

2011.04.30イモリ平~金北山~横山

1r0016882 1r0016935 1r0016940



1.山域・メンバー 大佐渡山脈・単独

2.行動記録 09:02~14イモリ平(870)~09:53天狗の休み場(940)~11:08~24役行者付近(1050)~12:02~19金北山(1172.1)~13:16神子石(780)~13:29尾根を外れる(640)~13:48じゅんさい池(530)~14:15分岐(480)~14:48尾根を外れる(440)~15:28横山登山口(180)~16:18東野で国道に出る(30)~16:30秋津バス停(20) (注)イモリ平までの記録は省略

3.報告
 新潟発22:40の臨時便に乗って、両津に01:10に着いた。イモリ平まで写真を撮りながらゆっくり歩いた。イモリ平の風は普通で、夏道が出ていた。真砂峰以南も夏道を歩けるところが多かった。役行者手前は夏道と雪が半々、嫌なところは夏道で、広い斜面は雪を歩けた。金北山北峰の手前でパンを食べながら斜面を観察した。夏道は出ておらずヘルメットとアイゼンを着けた。ピッケルを出して北にトラバースし、北東から藪と雪のミクスした小尾根を登った。これが一番容易な道だと思う。あまりアイゼンの効かない水気の抜けた雪だったが、比較的雪崩の起きにくい印象を受けた。

 斜度が緩むと夏道との合流点付近から雨がポツポツ当たった。北峰を越え鞍部からドームへと進む内、シトシト降りになり風も多少出てきた。空自佐渡分屯基地 の北側建物から張り出す構築物の下で、雨を避け地図を出した。そして予定通り横山を下りるか、防衛省管理道路通行許可を願い出るか検討した。そして①視程 があること②横山口の方が早く標高を下げられること③突然の通行許可申請がルール違反である事を考慮し、横山口を選んだ。出るとき積雪柱を見たら80cm 位だった。

 北峰鞍部から雪をスーッと下り、露岩でアイゼンを脱いで雪を拾いながらスーッと下りた。その先二重山稜になってる所は注意して夏道を見つけた。 その先の雪が出たところで引き返した人がいるらしく新しいトレースが出てきた。その先の天狗岩で風が顔に吹き付けた。割に強い風だったが、先週の月山に比 べれば半分位だった。その先樹林帯に入ると花が出てきた。一度花が切れて、樹林帯に逃げ込むと、嵐の中で花々が風に揺れていた。何か胸を打たれる景色だっ た。

 神子石に出ると真野湾の方から強い風が吹き付けた。ブナ林に逃げ込むと風が消え雪が残っていたので、スーッと下りた。壊れた鳥居の手前で一度雪 が消えた。壊れた鳥居に手を合わせ尾根を外れ、不動像の置かれた水場に下りた、沢筋から小尾根を越え、道形を辿るとじゅんさい池に出た。水のない湿地の中程に水芭蕉が咲いていた。その先も花があった。

 初盛ダムへの分岐を右に分けた辺りで夏道になった。雨も弱くなり、靴が水でガボガボしていたので、分岐から 15分ほど進んだところで、靴を脱ぎ靴下を絞った。分岐から先は廊下のように平坦で歩きやすい道だった。両脇にカタクリが咲き、前方に山桜が迎えてくれ た。440mで尾根を外れるところは水場になっていて、二体の像が祀られていた。小さな水の流れに水芭蕉が咲き、道の両側にカタクリ、 タムシバやムシカリが色を添え、遠く雪の残る谷に山桜が咲いていた。横山で林道に出て、カーブで細道に入る所で靴下を絞った。細道を歩きながら、twitterと事務局に下山報告をし、水の張られた田を眺めながら国道に出ると、12分程で秋津バス停に着いた。もう一度靴下を絞り、身支度を調え16:55のバスに乗った。18:00のジェットフォイルに乗り、少しまどろんだと思ったら新潟港だった。  2011.04.30桃パパ

4.感想
 金北山は美しい山だ。山頂直下を通れて良かった。

1r0016876 1r0016882_2 1r0016901 ①09:19イモリ平から東の展望
②09:25両津湾と加茂湖
③10:06松の脇から下りる




1r0016908 1r0016918_2 1r0016923 ④10:13梅津川筋の山
⑤10:26梅津川筋
⑥10:48役行者手前で振り返る



1r0016925 1r0016926 1r0016930 ⑦10:52金北山北峰
⑧11:05金北山東面
⑨11:40役行者を見下ろす



1r0016935_2 1r0016937 1r0016939 ⑩11:44雨にけむる加茂湖
⑪11:53金北山南峰
⑫12:00金北山。積雪注は80cm位



1r0016940_2 1r0016941 20110430gps ⑬12:11私
⑭12:26鞍部から、雪を下りた。
⑮ログ(一部)
2011.04.30桃パパ

« 2011.04.24姥沢~月山 | トップページ | 2011.05.04針ノ木峠 »

」カテゴリの記事

コメント

向こうに見える佐渡の山はまだ雪で真っ白ですものね。
毎年、佐渡汽船のツアーのパンフレットをくださる友人がいます。
今年こそと思っていますが・・・どうなりますやら…。

>靴が水でガボガボしていたので、分岐から15分ほど進んだところで、靴を脱ぎ靴下を絞った。
やっぱり凄すぎ。(ここは食いつくとこじゃなかった…(^^ゞ)

自分ならそのツアーに行きますね。少人数でゆっくり回りたいです。

お恥ずかしい。この靴は「冬の飯豊にも対応!」という文句に釣られて買ったけど
インナーが破れて、毎回靴下を絞るようになりました。

この記事へのコメントは終了しました。

« 2011.04.24姥沢~月山 | トップページ | 2011.05.04針ノ木峠 »