« 2011.03.13弥彦山~角田山 | トップページ | 2011.04.03青粘~ドンデン山 »

2011年3月27日 (日)

2011.03.27大蔵岳~菅名岳

1.山域・メンバー 菅名山塊・単独

2.行動記録 08:55駐車場(60)~09:06登山口(90)~09:50三合目(410)~10:13五合目(530)~11:14大蔵岳(864)~12:06三五郎山(900)~13:02~22菅名岳(909)~14:57下降点(320)~15:07巾沢(270)~15:17林道終点(250)~15:57駐車場(60)

3.報告 
 駐車場には10台位。河原に降りる頃から雪が出てくる。しっかりしたトレースで坪足でも潜らない。北から雪雲が近づいてくる。五合目過ぎ、その雪雲につかまる。オーバー手袋を着け、ネックゲータを上げる。八合目の斜度の出るところで上からドンドン降りてくる。九合目過ぎで展望が回復してくる。大蔵岳でパンを二個食べる。海沿いに弥彦~角田、南に越後白山が見える。少し先のツェルトが張ってある所まで進む。この先にトレースはない。しばらく考えているとツェルトの二人組が進み始めた。自分もここからワカンを着けた。

三五郎山からは、五頭、川内の山々が見えた。その先北東の尾根に乗ると若干痩せた尾根になった。鞍部を過ぎるとしっかりした尾根になった。この先再びガスに覆われ、菅名はガスガスだった。丸山尾根からのトレースはなく、あてが外れた。コンパスを607ピークにセットしてガスの丸山尾根に入った。記憶では山頂直下は急傾斜だったが、出だしは周囲も同じような傾斜で、ガスで視界も効かず、少し降りて10分位固まっていた。先ほどの二人が来て、先に降りたが、やっぱり「一本東の尾根じゃないか」とか言っていた。それで自分ももう少し降りたら尾根に乗ったのがわかったので、「この尾根で正しい」と伝えた。次はどこで沢に降りるかが問題だった。結局331ピークの南で標識に従い降りたが、傾斜もきつく、もう少し雪が着いてると雪崩の心配があると思う。冬はもう少し南の杉林からの方がうまく降りれるかもしれない。ともかくも林道を歩いて、駐車場に戻った。

4.感想
①インナー手袋が限界。交換しようと思う。
②今日のような天候と地形では、GPSだけではだめ。丸山尾根の最初の一歩はコンパスで決めた。

1r0015680 1r0015695 ①09:44三合目の手前
②10:44八合目付近




1r0015703 1r0015713 ③11:14早出川

④11:34越後白山



1r0015716 1r0015721 ⑤11:35ツエルトの二人組

⑥11:52大蔵岳



1r0015723 1r0015724 ⑦11:56五頭

⑧11:57縦走路



1r0015727 1r0015728 ⑨12:07三五郎山からこの後、尾根が北東に切り替わる。

⑩12:07川内の山々



1r0015735 1r0015744 ⑪12:17この先少し尾根が痩せる

⑫13:01菅名岳付近


1r0015746 1r0015751 ⑬13:02菅名岳にて

⑭13:42丸山尾根。これは地形が明瞭になった頃。この上が、同じような斜度で降下を迷っていた。


1r0015762 1r0015763 ⑮14:56降口

⑯15:06斜面を振り返る




1r0015765 20110327gps ⑰15:07しばらく沢筋を歩いた。
⑱LOG縮尺12500分の1。菅名岳直下に注意した

                     2011.03.27桃パパ

« 2011.03.13弥彦山~角田山 | トップページ | 2011.04.03青粘~ドンデン山 »

」カテゴリの記事

コメント

菅名はまだ冬山ですね。登山口でそれだけ雪があるというのは、今年の雪の多さが良く分かります。

と○さん、お疲れ様です。冬の間、全然歩かなかったので。雪があって良かったです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 2011.03.13弥彦山~角田山 | トップページ | 2011.04.03青粘~ドンデン山 »