« 2011.02.20弥彦山~角田山 | トップページ | 2011.03.27大蔵岳~菅名岳 »

2011年3月13日 (日)

2011.03.13弥彦山~角田山

1r0015398 1r0015418 1r0015422   1r0015412





震災直後の山行です。この様な時こそ平常通り過ごすことが大事と考え、いつも通り歩きました。
①山に行こうと思ったのは、原発がでかい問題になるとすぐ解ったので、下手すれば歩き納めになるかもという思い。
②弥彦にしたのは、雪が少ない、エスケープルートが豊富、福島から遠い、花がある、ため    以上

1.山域・メンバー 弥彦角田山塊・単独

2.行動記録 09:44弥彦神社(60)~10:13トラバース(280)~10:20五合目(350)~10:40夏道(480)~10:50九合目(560)~11:04弥彦山(634)~11:59多宝山(633)~12:24標柱(390)~12:39石瀬峠(180)~12:55樋曽峠(100)~13:50樋曽山(296)~14:11分岐(230)~14:31福井山(235)~14:46五箇峠(170)~15:50五箇浜分岐(360)~16:03灯台コース分岐(430)~16:24角田山(481)~16:56水場(200)~17:11稲島(60)~18:20~25巻駅(電車)1~18:34~44吉田駅~18:53弥彦駅~19:09弥彦神社(60)

3.報告
 一合目から雪が出てくる。三合目の上で尾根裏のトラバースルートに入る。五合目から冬道の尾根に入る。480mで夏道と合わさる。九合目から春霞の海、佐渡は見えない。弥彦山からは米山位まで。展望台の自販機でコーラを買う。

 石瀬峠までは雪が少なく歩きやすかった。樋曽峠から登りに掛かると雪が消え海洋性の植生になる。僅かな区間だが気持ちよい登りだ。日だまりには春の花が咲き始めていた。
290ピークから薄い雪、樋曽山まで長さを感じる区間だ。樋曽山の北斜面はほぼ雪が消えロープが出ていた。 五箇峠の手前で角田がまだ遠く見えた。五箇峠にキクバオウレンがあった。五箇峠からの登りは前回より楽だった。稲島への下りは雪が消えかけ固くなり、スムーズに下れなかった。稲島で下山報告をし、18:26の電車に間に合うよう巻駅に向かった。

4.感想
久しぶりに歩くとき向きのコース。春の花が見れてよかった。

                                 2011.03.13桃パパ

1r0015358 1r0015368 1r0015370 1r0015380 1r0015394 1r0015398_2 1r0015400 1r0015405 1r0015412_2 1r0015418_2 1r0015422_2 Gps20110313 1r0015434 1r0015435 ①弥彦冬尾根
②奥が角田山
③弥彦山から
④間瀬と海
⑤多宝山
⑥~⑨雪割草
⑩キクバオウレン
⑪雪割草
⑫ログ
⑬⑭弥彦山から角田山

« 2011.02.20弥彦山~角田山 | トップページ | 2011.03.27大蔵岳~菅名岳 »

」カテゴリの記事

コメント

桃パパさん、はじめまして

弥彦~角田山を日曜日にする予定で参考にさせていただいています
去年歩いた時は、樋曽峠から石瀬峠までは舗装道路を使用したのですが
しなくても行ける道はないかな、と。

もしありましたら教えていただけませんか?
よろしくお願いします☆

ひらっぺさん、ようこそいらっしゃいました。自分なら2008年12月28日に松岳山から多宝山を歩いたときのログから石瀬峠の北西にある建物に抜けます。面白い道ではないと思うし、建物近辺の道は歩いていませんし、最後藪こぎかもしれませんね。土曜日、晴れるといいですね。

どうもありがとうございます!!

参考にさせていただいて角田までの山旅を楽しんで来たいと思います~

いいなぁ。とてもうらやましいです

この記事へのコメントは終了しました。

« 2011.02.20弥彦山~角田山 | トップページ | 2011.03.27大蔵岳~菅名岳 »