« 2010.10.23~24川入~飯豊本山 | トップページ | 2010.11.21あだたら高原スキー場~安達太良山 »

2010年11月 7日 (日)

2010.11.06雨飾キャンプ場~雨飾山

1r0013967_3 21r0013995 1r0014010_2 1r0014015_2 ①笹平から栂海新道
②雨飾山から白馬
③北峰から栂海の山々
④高妻山と戸隠

1.山域・メンバー 
頸城山塊・単独

2.行動記録
08:21雨飾キャンプ場(1150)~08:35尾根取付(1150)~08:57トラバースの始まり(1340)~09:07ブナ平(1390)~09:43~49荒菅沢(1448)~11:06笹平(1894)~11:12梶山新湯分岐(1870)~11:25笹平終わり(1900)~11:36~12:58雨飾山(1963.2)~13:15笹平始まり(1900)~13:26梶山新湯分岐(1870)~13:37笹平(1894)~14:33~41荒菅沢(1448)~15:17ブナ平(1390)~15:26トラバースの終わり(1340)~15:44尾根取付(1150)~15:57雨飾キャンプ場(1150)

3.報告
 例会で雨飾山に行くといったら、「7月に行ったのに、また行くの?」と言われた。そういわれればそうだけど、冠雪した白馬が見たかった。05:10新潟発。R148から冠雪した焼山が見える。紅葉はキャンプ場の下位が盛り。07:40キャンプ場着。

 キャンプ場を出て程なく、木道で右踝が痛み出した。特に足を捻ったとかはなく、すぐ直ると思ったが、降りるまで痛み続けた。尾根を外れトラバー スに入ると雪が出てきた。荒菅沢に降りる所は日陰で、降り始めの雪が踏み固められツルツルになっていた。荒菅沢で水が採れた。その奥に布団菱の岩壁が高く聳えていた。対岸の尾根は日当たりが良 く、下の方は雪がなかった。標高を上げると金山の後に焼山の白い頭が出てきた。

 今日は遅いので、あまり写真を撮らないつもりだったが、見事な景色に「だめだ」と呟きながら写真を撮った。森林限界を越えた梯子の辺りは、少し雪があった。笹平で斜度が緩んだ。薄く雪を被った笹原の向こうに海谷山塊があり、その向こうに、穏やかな山容の山が見えた。自分はこれを青梅黒姫山と思っていたが、どうも青田南葉山のようだった。

 それよりも目を引いたのは、白馬から海に掛け長く伸びる尾根だった。これは栂海新道で、犬ヶ岳まで粉砂糖を掛けたように稜線だけ白くなっていた。歩いたことのある人には堪らない展望で「やめてくれ」と呟きながら写真を撮った。笹原の終わり付近で荒菅沢を覗き込む。その先僅か50m程の急登は、日陰の北斜面に雪が着き、滑ると荒菅沢に落ちる所もあった。降りてくる人も多く、雪もツルツルになっていた。僅かな木の根や笹に手を添え、慎重に登った。

 山頂からは北アルプスの眺めが劇的に広がった。白馬の眺めがいいだろうとは思っていたが、海への稜線の広がりがここまで見えるとは思わなかった。南峰で写真を撮り、すぐに北峰に移動した。南には、杓子、白馬鑓、唐松、五竜、鹿島槍が続き、爺ヶ岳から針ノ木蓮華へと続く山並みは蛇体のように見えた。その後に離れて見えるのが槍から穂高というのは頭ではわかったが、形は白馬から見る劔立山に似ていた。西に糸魚川の港が見え、姫川の流れに沿って河岸段丘とR148が続いていた。干しぶどうを食べながら長野の男性と名古屋の女性としばらく話した。南東には戸隠の鋸歯と高妻山が三尊型で見えた。戸隠の南に裾野を大きく広げた富士が微かに見えると言われ、確かに微かに裾野を広げた山が見えるが、大きさ的に蓼科の気がした。

 雲が湧いてきたのを潮に降りた。いつのまにか1時間20分も経っていた。笹平までの急降下は、日陰の部分が増えたが登りより歩きやすかった。荒菅沢の先でトラバースに戻る所は雪が消えかけ、登りより歩きやすかった。ストックを突いて足の痛みを我慢しながら下ったが、もうすぐ尾根取り付きと言う所で、ストックを畳んだ。そちらの方が痛くなかった。駐車場について靴を履き替えると、痛みはなくなった。

4.感想
 高山から低山を見るのも良いけど、低山から高山を見るのもいい。

                                    2010.11.07桃パパ

1r0013926 1r0013927 1r0013929 1r0013931 ①09:31荒菅沢に降りる道
②09:39この上が気を使った
③09:41荒菅沢
④09:49荒菅沢から布団菱


1r0013932 1r0013939_3 1r0013941 1r0013943 ①09:52荒菅沢を振り返る
②10:25布団菱の岩壁
③10:34振り返る。高妻山が見える。
④10:34布団菱が近づく。


1r0013947 1r0013952 1r0013954 1r0013955 ①10:42尾根上部
②10:46尾根を回り込む道を振り返る
③10:56尾根の斜度が出る
④10:56金山の後に焼山


1r0013956 1r0013963 1r0013966 1r0013967 ①10:56金山の後に焼山
②10:59山頂が見えてきた
③11:02「だめだ」と呟きながら撮った写真
④11:04「やめてくれ」と言いながら撮った写真


1r0013972 1r0013978 1r0013982 1r0013984_2 ①11:12梶山新湯分岐から糸魚川の町
②11:21荒菅沢を見下ろす
③11:22山頂斜面。道はこの右側にある。
④11:27山頂前の登り。この上が怖い。


1r0013989 1r0013994 1r0013998 1r0014001 ①11:33海谷山塊を見下ろす
②11:33山頂付近。この下が怖い
③11:38南峰にて
④11:38南峰より北峰


1r0014004 1r0014005 1r0014010 1r0014015 ①11:40山頂直下の登り
②11:41北アルプス
③11:47栂海の山々
④12:07高妻山と戸隠


1r0014020 1r0014032 1r0014034 1r0014048 ①12:10海谷山塊と海
②12:44海谷山塊
③12:45北峰から白馬
④13:19笹平から高妻山

« 2010.10.23~24川入~飯豊本山 | トップページ | 2010.11.21あだたら高原スキー場~安達太良山 »

」カテゴリの記事

コメント

こんな景色が目の前にあったら写真を撮らないではいられないですね。
桃パパは晴れ男さんですか?

綾猫はこの時期になると山に登りたいのに登れないストレスに悩まされます。あうー。

この日はいい天気でした。
基本 晴れ→ヤマ 雨→家族サービスです(ばき)

あにゃこさんも、かき入れ時ですね。
お店の忘年会を、両神山麓でやろうと言ってみたら?

この記事へのコメントは終了しました。

« 2010.10.23~24川入~飯豊本山 | トップページ | 2010.11.21あだたら高原スキー場~安達太良山 »