« 2009.09.18~22 扇沢~親不知 | トップページ | 2009.10.12桃洞沢~赤水沢 »

2009年10月14日 (水)

2009.10.11米栂山荘~森吉山~割沢森~鳥獣センター

1.山域・メンバー 森吉山 と○,NRM,TGI,桃パパ   LOG

  
2.行動記録
 06:20米栂山荘(800)~07:22~32一の腰(1264.5)~07:53森吉神社(1270)~08:14~23避難小屋(1311)~08:48~09:01森吉山(1454.2)~09:22西の又コース分岐(1300)~09:49ヒバクラ岳分岐(1270)~11:21休憩(940)~11:29水場(940)~12:22~35林道に出て休憩(860)~13:51分岐(630)~14:03鳥獣センター(650)

3.報告
米栂山荘が改築中で10日の夜は山荘前で幕営。夜半に雨。11日朝、余分な荷物を、と○さんの車にデポして、4人で出発。スキー場の作業歩道のようになだらかな道だ。06:59、1000m近辺で連瀬沢に降りる、と○さんと別れる。

 一の腰までずっとガス。一の腰で北を振り返ると、北の方に大平湖の形でガスが溜まっている。神社までの道で一瞬展望が開け、連瀬沢右又とその上の小尾根に点々と広がる米栂が見えた。巻機山と長井葉山のいい所を合わせたような感じだった。この時は直ぐ晴れると思って写真を撮らず終いだった。あとは神社で一瞬稜線が見えた。森吉山頂もガスガスで、大展望の山で残念だった。
 この先が長かった。西の又分岐辺りは湿原になっていて木道をテクテク歩いた。TGIさんと自分のビブラムは滑りやすかった。NRMさんのアクアステルスは滑らなかった。ヒバクラ岳の分岐を過ぎると一瞬藪っぽくなった。少しガスが切れ1280ピークが見えた。その後みぞれが降ってきたので、皆で雨具の上下を着た。1280ピーク付近は北の展望が少し開けた。川に沿って広がる広葉樹林帯の向こうに銀色の建物が見えた。1280ピークを過ぎると「斜度が出る」という標識があったけど、普通だった。水場付近の休憩でNRMさんは初めてパンを食べた。それまでずっとタバコで、密かに驚いていた。この辺りで日が射したので、雨具を脱いだ。
 林道に出る手前でキノコ採りとすれ違うようになった。(林道と交わる南側にも標識があった。そこはポイントを打ち忘れた)林道と交わった後、北側の分岐を越えた所で道形が地形図から大きく外れ始めた。道形が地形図と違うのは良くあることだが、このときは791ピークを巻くように、東に外れてから西に戻っていく、意図のわからない道形でNRMさんとGPSを眺めながら首をひねった。791ピークから西に戻る途中ログが密になってるのは、展望台から北に銀色の建物が見えたから。皆で「あれは何だ」とやっていた。クマゲラ保護センターだと思う。そのうち道形が地形図沿いに南北になったので、そのまま進んだ。すると右に手書きで「ノロ川」と書かれた標柱が出てきた。誘惑されたがまっすぐ進んだ。桃洞沢との分岐を過ぎ橋を渡ると川沿いに西に進む道形になった。鳥獣センターの駐車場に上がると、既に、と○さんが待っていた。時間が早かったので、北西にあるキャンプ場に移動し、昨夜の雨に濡れたシュラフを干しながら20:00頃寝た。明け方、北斗が柄杓を上にして地平線に近い所に浮かんでいた。その東のもう少し高い空にオリオンが見えた。 2009.10.14桃パパ

4.感想
先輩方の、幕営中の生活技術とか、あまり食べずに長く歩くスタイルに余力を感じた。縦走路自体は、長いけど簡単だった。

 
1p1150767 1p1150774 1p1150777

« 2009.09.18~22 扇沢~親不知 | トップページ | 2009.10.12桃洞沢~赤水沢 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009.09.18~22 扇沢~親不知 | トップページ | 2009.10.12桃洞沢~赤水沢 »