« 2009.06.20石転沢 | トップページ | 2009.07.05大熊尾根~杁差岳~権内尾根 »

2009年6月27日 (土)

2009.06.27ダイグラ尾根~石転び沢

1.山域・メンバー  飯豊・単独Gps20090627_2

2.行動記録 03:44天狗平(410)~04:00温身平(450)~04:20吊橋(470)~05:25池ノ平(926)~05:40長坂清水標柱(960)~06:28~06:49休場の峰(1320)~07:34千本峰(1450)~09:24宝珠山の肩(1720)~09:55~10:08宝珠山の岩稜(1830)~11:51飯豊山(2105)~13:14御西小屋(1990)~13:59天狗の庭(1840)~15:33烏帽子岳(2017)~16:13~25梅花皮小屋(1850)~17:39石転びの出合(860)~19:10砂防ダム(500)~19:22温身平(450)~19:44天狗平(410)

3.報告   準備している間に明るくなり、ヘッドランプを点けずに出た。

温身平を過ぎると、朝の冷気に混じり、暖められた河原石の濛気が上がってきた。吊橋で頭のタオルを濡らすのを忘れた。666ピークを過ぎた所で、 OOOっちさんが躍るように上がっていった。なかなかペースがつかめない。歩きたい速さにすると、暑くて、直ぐ息が上がり立ち止まるということを繰り返し た。休場の峰までは、引き返そうかと悩んだ。休場の峰の少し先でクサイグラを見ながらリンゴを食べた。ずっと我慢してきたが千本峰で初めて写真を撮った。 近くに五つの花が着いたヒメサユリがあった。ずっと深刻に歩いてきたが、この辺りから山行を楽しむ余裕が出てきた。千本峰の岩場の先で2カ所融雪水が採 れ、水をごくごく飲んだ。先ほどのリンゴと、この水、頭のタオルも濡らして、以後楽になった。2カ所目の融雪水の所で、何度か会った新津の方が上がってき た。1600m前後の崩壊地は、右に刈り払いされ、安全になっていた。雪は殆どなく、2カ所位歩いただけだった。気持ちよい風が暑さを和らげてくれた。宝 珠山の肩の雪は、トレース通り、上に上がり、斜度の落ちた所をトラバースした。夏道を繋ぐと宝珠山の岩稜に出た。いつも通りの眺めが有り難かった。とにか く雪がなく、1780鞍部の先でちょっと歩いただけだった。ちょっと登って1969ピークを巻くと右手に駒形山が見え、斜度が落ちた中、2105ピークが 姿を現した。ここは、いつも風が強い所だが、今日は暑かったので、風が心地よかった。飯豊山(2105)は、風が強かったし、時間も遅いので直ぐに出た。 玄山道分岐で水を採るつもりだったが、御鏡清水は雪の下だった。その先融雪水が採れる所でリンゴとパンを食べた。御西小屋を過ぎた所で桧山沢の向こうにダ イグラ尾根が見え、幸せだと思った。時間が遅れているので写真は撮らないつもりだったが、天狗の庭のミネザクラがきれいで、つい写真を撮った。小雪なの で、雪の上はあまり歩かないだろうと思っていたが、烏帽子の登りの手前まで雪の上を歩くことが多かった。烏帽子岳の登りは、思ったより楽だった。烏帽子の 上からダイグラを見たとき、またまた幸せだった。梅花皮岳からは、クサイグラ尾根の後にダイグラ尾根が小さく続いていた。梅花皮小屋の水場に着くとHZU さんが導水のチェックをしていた。ここまでは計算通り。この先の石転びの下りはとても書けない下手さ加減で、HZUさんに見られてるかと思うと一段と怖 かった。中の島は先週より下まで出ていた。本当は60分で出合まで行きたかった。実際は北股の出合まで30分かかり本石転びの出合まで15分。ここでアイ ゼンを外して、15分で行きたかったが、30分かかった。石転びの出合の大岩の上流に大穴が開き、出合の河原に緑色のテントが張られていた。この先は、先 週予習した通り、赤滝のへつり、なだらかに降りて、梶川の左岸道、(これは劇的に時間が短く助かった)、地竹原を過ぎて、ババまくれを過ぎ、日没前に通過 したい場所は終わった。ヒコエモンの平、うまい水を過ぎ、しばらく歩くと待望のブナ林に入った。(ここも暗くなると怖い)2年前道を失ったブナの倒木は左 に道が付けられていた。砂防ダムについた所で19:10、光りの残る内にここまで来れた(500)。19:22温身平も助かった。ここでヘッドランプを出 した。最後まで点けずに「日帰り」と強情を張ろうと思ったが、最後の方で黒い影が動いたように見えたので「熊かも」と思い点けたら気のせいだった。 2009.06.28桃パパ

4.感想  ほぼ思った通りだった。石転びの下りは、自分でもまずいと思ってるので、次回まで精進します。


1p1140388 1p1140391 左 07:34千本峰から、ダイグラ尾根上部。近くに5輪咲きのヒメサユリがあった。
右 09:24宝珠山の肩から 手前が宝珠山、奥が宝珠山の岩稜。キックステップで上がって、雪の上部をトラバース。岩稜への繋ぎは夏道だったと思う。


1p1140392 1p1140394 左 09:47振り返る。 宝珠山を巻き終わり、夏道に出た辺りだと思う。
右 09:55宝珠山の岩稜から 1969ピークと、2105ピーク。手前のコーヒー豆のような亀裂が入った岩がお気に入り。



1p1140395 1p1140402 左 09:55宝珠山の岩稜から 南西の展望。宝珠山の岩稜は、飯豊の山々から見下ろされるような爽快な所
右 11:31山肌 山頂に近づき、大日も姿を見せはじめる



1p1140403 1p1140404 左 11:51山頂から本山方向 城塞のように見える

右 11:51山頂からダイグラ尾根。 宝珠山まで。下部は隠れている。



1p1140405 1p1140408 左 11:51山頂から縦走路 穏やかな優しい道

右 11:52山頂にて 自分。風があるので、玄山道分岐でご飯を食べることにした。


1p1140411 1p1140414 左 12:59三角点ピークを振り返る。少し戻った所で融雪水が採れたので、ご飯を食べた
右 13:25ダイグラ尾根。 自分が登ってきた尾根を振り返るのは、気持ちいい。



1p1140417 1p1140418 左 13:37烏帽子岳 烏帽子岳がいい形で見えた

右 13:51烏帽子と天狗の庭 手前にミネザクラが見える。写真を我慢していたが、つい撮った一枚



1p1140421 1p1140422 左 15:13烏帽子岳 見た目より、きつくない登り

右 15:32烏帽子から本山 なんと言っても、左側のダイグラがいい


1p1140423 1p1140425 左 15:32烏帽子から大日 柔らかな稜線

右 15:39梅花皮小屋が見えた。手前、梅花皮岳、奥が北股岳。鞍部に梅花皮小屋が見えた


1p1140426 15:55振り返る 梅花皮岳から、クサイグラ尾根を間にして、美しいダイグラ尾根

« 2009.06.20石転沢 | トップページ | 2009.07.05大熊尾根~杁差岳~権内尾根 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
パパさんが梅花皮に到着された頃は、おそらく小屋の中だったと思います。
今後もお会いする機会があるかと思います。よろしくお願いします。

お疲れ様です。
○○○っち 、さんと会ったとき、「ダメだな、止めようかな」と思ってたのですが、強烈な登り足を拝見して、「自分なりに頑張ろう」と思い直したのでした。ありがとうございました。また小屋で鳥海の話とかお伺いしたいです。

こんばんは
いや....元気ですね
一日10時間以上の行動時間は考えられないkageyaでした。

kageyaさん、こんばんは。kageyaさんなら14:00前に降りてくるルートだと思います。ボクチンは遅くて恥ずかしいのですが、やっぱりいいルートだなぁと思います。(大体13時間がメルクマールみたいです。)

この記事へのコメントは終了しました。

« 2009.06.20石転沢 | トップページ | 2009.07.05大熊尾根~杁差岳~権内尾根 »