« 2009.05.02~03坂田峠~犬ヶ岳 | トップページ | 2009.05.09大日杉~飯豊本山 »

2009年5月 6日 (水)

2009.05.04猿倉~白馬岳

Gps20090504 1.山域・メンバー 北アルプス 単独  

2.行動記録 

05:31猿倉(1250)~06:26白馬尻(1510)~08:19休憩(1980)~10:31休憩(2450)~12:05稜線(2780)~12:43~12:54白馬岳(2932)~14:42白馬尻(1530)~15:31猿倉(1250) 

3.報告 

親不知を出て、糸魚川からR148で猿倉荘に入り素泊まりした。4日は崩れると聞いたので5時半に出た。白馬尻で最初の休憩。少し斜度が出て緩んだところで2回目の休憩(1980)。

この先2200~2450m位まで斜度が出た。石転びで言うと北俣の出合位だと思う。アイゼンは持っていたけど着けずに登れた。斜度はOKだが、軟 雪でずぶずぶ潜った。ステップを崩すトレースが多く、苦笑しながら登った。予報では曇り~雨だが、薄日の射す暑い日だった。最初左岸よりを登ったが大分斜 度も出たので少し右岸に寄った。斜度が緩んだところが葱平だろう。後は、村営頂上宿舎の脇を抜け稜線に出た。大雪渓は容易な登路だと思うが、3日目の足に はきつく、葱平の登りは堪えた。山頂には6人くらいの人がいた。北は頸城三山が雲に隠れる所だった。西は朝日岳位までよく見えた。犬ガ岳は、よくわからな かった。南は唐松五竜位までよく見えた。山頂から大雪渓を見下ろすと結構な斜度に見えた。とりあえず満足して山頂を出た。白馬山荘の方に降りていくと、ル ンゼ状のおっかない所で、「ここは勘弁してくれ」とか「ここから入った跡がある」とか話しているスキーの人たちが居た。見た目60度位はありそうだっ た。(この人達は降りてきて白馬尻の前に出てきた。)大雪渓はアイゼンを着けずに降りようと決めていた。葱平の下だけ、左岸から右岸に斜めに降りた。軟雪 で、靴の滑りは悪かった。猿倉荘でカツカレーを食べた。これは、ちゃんと作ったカレーで、大変おいしかった。家族に会いたくなったので、そのまま新潟に 帰った。2009.05.06桃パパ

4.感想  

 本当は親不知からspearのように貫くつもりで、それができないときは、ball&chainのように犬ガ岳と大雪渓にするつもりだった。その通りになった。大雪渓は10年前は蟻の行列みたいな大渋滞だったけど、静かな山だった。


1p1130814 1p1130815 左 06:41白馬尻付近

右 08:19見上げる 1980m付近から。左岸は北俣の出合に似ている


1p1130816 1p1130817 左 08:20振り返る

右 10:32葱平(ネブカピラ)から 振り返る。この下は斜度がある。



1p1130818 1p1130819 左 10:32葱平(ネブカピラ)から 白馬鑓。なるほど鑓の形をしている。
右 10:32葱平から上を見る



1p1130822 1p1130827 左 12:06稜線に出た。 杓子、白馬鑓方面

右 12:44山頂にて 雪倉、朝日岳方面




1p1130831 1p1130832 左 12:45山頂にて 五竜唐松方面

右 12:45大雪渓を見下ろす



1p1130836 1p1130837 左 12:47山頂にて 赤いザック

右 12:49大雪渓を見下ろす



1p1130838 1p1130840 左 12:57杓子・白馬鑓

右 12:57五竜唐松方面


1p1130846 13:02スキーヤー なんとかルンゼを降りようとする人達。本当に降りてきた。

« 2009.05.02~03坂田峠~犬ヶ岳 | トップページ | 2009.05.09大日杉~飯豊本山 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。