« 2008.4.5西俣の峰~頼母木山 | トップページ | 2008.4.20姥沢~月山 »

2008年4月15日 (火)

2008.4.13二分~守門~藤平山

1gps20080413 2008年4月13日二分~守門岳~藤平山周回   

1 山域 メンバー
   守門 単独

2 行動記録
  07:36二分(390)~08:07堰堤(470)~08:23取付(520)~08:59尾根に乗る(670)~09:03尾根を外れる(670)~09:40~44尾根に乗る(870)~09:52ピーク(891)~11:41主尾根に乗る(1420)~12:25~50袴岳(1537)~14:04藤平山付近(1140)~14:49鞍部(850)~15:33林道から外れる(640)~15:56堰堤(470)~16:21二分(390)

3 報告
 鳥海の矢島口が除雪中で、こちらにした。

07:36二分には30台位の車がある(390)。ちょっと歩いて二股を右に入り、雪に乗る。西川の左岸を歩き、08:07堰堤の側で地形を観察す る(470)。なぜなら、ここが帰りの合流点になるから。橋を渡り、右側に行き、猿倉山南面の崩壊地を過ぎた所で、08:23小尾根に取付く(520)。 斜面を雪を拾いながら登り、08:59尾根に乗る(670)。と思ったら09:03すぐに尾根を東北東に外れる(670)。この辺り、マタギが使いそうな 合理的な道形だ。夏道はトラバース後、北の尾根に乗るが、雪があるので、この先直登気味に斜面を登る。雪の切れた急な所は椿の木に掴まり登る。 09:40~44尾根に乗りおにぎりを食べる(870)。そのちょっと先で、オカバミ沢に滝が見える。その右手に尾根が見える。青雲岳から来るやつだ。そ の向こうに先っちょだけ見えるのが今回下りで使う尾根だ。雪の剥げた854ピークをじっと見る。本当はあの裏側が見たい。09:52ピーク(891)を過 ぎると尾根が痩せてくる。雪が切れる所は気を使うが、怖いほど痩せてはいない。
 尾根が広くなると斜度が出る。でも全然楽な斜度だ。春霞の中、越後三山が右手後方に見える。11:41主尾根に乗る(1420)。スライドした人を振り 返ると広大な景色が広がる。大岳の雪庇の向こうに粟が岳が雪を残し霞んでいる。でも今日気になるのは下りの尾根だ。その尾根の大原分岐の上に、スキーの3 人パーティが見える。
12:25~50袴岳(1537)からは東に浅草岳が見える。大原から上がったスキーの3人パーティと言葉を交わす。袴岳からの下りは最初ちょっと藪っぽ いけど、あまり潜らず坪足で歩ける。大原に伸びる尾根の分岐の先でトレースが消える。この先はログを見て欲しい。1250mで大原スキー場へ伸びる尾根を 分けると、二重山稜のような地形になる。ここで西側に寄りすぎて、1244ピークの前で気づいて修正している。1181ピークを越える所は尾根が細めで雪 庇を踏み抜かないよう意識した。藤平山手前は、のっぺりした地形で、ゆっくり歩いた。14:04藤平山付近(1140)では、嗅ぎ回るように登路を探し た。北西に伸びる尾根はすぐわかった。その南の沢筋に入ってみた。ここも違うようだったが、回り込むと、藤平山の西に入る沢にすぐぶつかった。その時 「入った」と思った。ここは緩い「ひど」のような地形で楽できた。「最後854ピーク南東の鞍部にぶつかるはず」と思いながら、GPSと照らし合わせて進 んだ。 またここは「七つの沢が落ち合う所」と言う熊狩りの狩詞に出てきそうな地形だったので、熊スプレーも出した。14:49鞍部に出た(850)。本 当はもう少し北側に出るつもりだったが、雪の付き方が悪かったので、小ピークの南側にした。そして目視で大池の南端にコンパスを合わせた。ここから雪の斜 面を150m下りた。もっと岩の登路かと思ったが普通に下れた。そして杉林の間を抜けて小ピークを越えると大池の南端に出た。北側はまだ凍っていた。その 先で林道に当たった。雪が残りはっきりとはわからないが下池の東を通り過ぎ、640mで林道が南に大きくカーブする所で、朝の堰堤の南側の疎水にコンパス を合わせ、15:33林道から外れ(640)、尾根を北西に進み、北東に向きを変える辺りから斜面を下りた。このとき軟雪に足を取られ、アキレス腱を伸ば し掛けたが無事だった。斜面を下りると雪に覆われた田が広がった。後は水にはまらないように歩き、15:56堰堤に出た(470)。16:21二分 (390)。楽しかった。    20080415桃パパ

4 感想
 面白い道だ。頭を使った。


1p1070944 1p1070945  左 08:01林道から

 右 08:11帰り道との合流点



1p1070953 1p1070958  左 09:39 854ピーク? 下りで使う大池の東のピーク。裏側の雪の付き方を見たい所。

 右 09:56登路




1p1070979 1p1070984  左 11:12登路

 右 11:31振り返る



1p1080017 1p1080034_2  左 12:28袴岳にて。後は浅草岳。

 右 12:57帰りの尾根



1p1080037 1p1080039  左 13:13 1348ピーク付近

 右 13:25 弛緩した地形



1p1080049 1p1080054  左 13:54奥が藤平山。長井葉山を更に平坦にした感じ

 右 14:04この尾根を行くと変な所に入ってしまう



1p1080058 1p1080068  左 14:15この沢筋を下る。微細で見つけにくい地形。見つけたとき、鍵穴にカギを入れたような感覚があった。

 右 15:00 854鞍部から、斜面の状態と、池と林の位置を確認中。 桃パパ

« 2008.4.5西俣の峰~頼母木山 | トップページ | 2008.4.20姥沢~月山 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。