« 2007.09.22~24天狗の庭 | トップページ | 2007年10月28日 二王子岳 »

2007年10月 8日 (月)

2007.10.06~07雑魚川外の沢

Gps2007092224_2 1 山域 メンバー
   秋山郷 会山行 CL都丸 SL小畑 山田

2 行動記録
10月6日
08:52雄川閣(850)~09:16導水管小屋(1070)~09:25分岐(1080)~10:44休憩(1090)~11:12下降開始(1090)~11:39雑魚川本流(930)~13:57休憩(990)~14:30外の沢出合(990)~15:19取水口(1070)~16:50曲り沢出合(1180)

10月7日
06:45曲り沢出合(1180)~08:13穴明沢出合(1330)~09:24休憩(1570)~11:01休憩(1810)~11:13二俣(1870)~12:15二俣(1870)~13:36稜線(2180)~13:42~14:37ピーク(2200)~15:14烏帽子岳(2230.4)~17:24マムシ沢の頭南陵(1760)~18:35休憩(1270)~19:01休憩(1090)~19:05分岐(1080)~19:11導水管小屋(1070)~19:34雄川閣(850)

3 報告 
 風邪が長引いたけど、金曜の夜、都丸さんから電話が来たとき、何故か「行きます」と言った。
10月6日
 04:20起床、05:30西IC付近、06:00燕三条で小畑さんを拾い、塩沢ICから峠を越えR117に出て、大割野から南下する。
 08:52雄川閣(850)を出て、吊り橋を渡り発電所の裏から尾根に取り付く。緩いジグザグ登りを経て09:16導水管小屋(1070)の側で休む。 ちょっと登り09:25尾根を外れ西に続く踏跡に入る(1080)。送電巡視路と聞いていたが、荒れている。倒木、崩壊、道形が消える。荒廃の度合いは、 マムシ沢付近のログの途絶からも読み取れる。もう一つ西の大きな沢で10:44休憩(1090)。予定では出合まで2時間なので時間がかかり過ぎている。 都丸さんは、GPSがないのに良く現在地を把握している。1228小ピークを巻く尾根を越えた所で、このへつり道に見切りを付け11:12藪を利用して下 降開始(1090)。最初聞いたときは「エッ」と思ったが、都丸さんは地形図を見て緩い斜面と計算していたようで、ロープも出さず11:39雑魚川本流に 降りれた(930)。
 本流はゴルジュ様の渓相が、しばらく続く。この辺り衛星電波が弱く、GPSが効かなくなる。釣師の多い沢らしく、自分でもへつりで歩ける。12:40  20m滝は、右岸から高巻き、落ち口になだらかに降りる。13:20幅広の二段の上品な小滝は、左岸から上がる。この辺りからナメの続く穏やかな渓相にな る。13:57休憩(990)。14:30外の沢出合(990)。きれいなナメから入る。吊り橋をくぐり、進むうち転石がゴロゴロしてくる。15:19取 水口(1070)を越えると水量が増える。右からセハチ沢が3:1で合わさる。16:40 10m大滝は、どちらから巻いたか忘れた。16:50曲り沢出 合で幕営とする(1180)。火を焚き、思い思いの食材と、山の話、女の話。星を見上げツェルトに入る。その夜はとても暖かく寝れた。

10月7日
時計を見ると、05:20。ハッと起きる。小畑さんも熟睡出来たようだ。撤収時にエイトノットとインクノットのおさらいをして06:45曲り沢出合 (1180)。ナメ滝が続く。クマ沢を左に見て、まだナメ滝が続く。20m3段捻れナメ滝は、20mない気がする。穴明沢出合手前の40mナメ滝は、わか らなかった。08:13穴明沢出合(1330)。1:1の二俣を左に入る。08:41 1530mの二俣を左に入る。これらのことは、今、カシミールを見 ているから書けるが、現場で都丸さんや小畑さんが的確な判断をするのに感心する。09:24休憩(1570)した辺りから斜度が出る。10:00二俣を左 に入る辺りは伏流帯になっている(1630)。また水が復活し、40mの大ナメ滝を確保して貰い登った所で11:01休憩(1810)。11:13二俣 で、時間が懸かりすぎているので、短そうな左に入ろうという事になる(1870)。最初の6m滝は右岸から確保して貰い登る。でも次の4mは、都丸さんで も厳しそうだ。岩質も脆く、クライムダウン時に手のホールドがガパッと外れた。最初の6m大滝を懸垂下降し、12:15二俣に戻り、右に行く (1870)。内心確実な方に行きたかったのでほっとした。2050m位から藪漕ぎになる。所々鉈目もあり、歩きやすかったが、最後の50m位はきつかっ たと思う。小畑さんに感謝です。13:36稜線(2180)に出て13:42~14:37ピークで休む(2200)。稜線は秋色に染まっている。 15:14烏帽子岳(2230.4)から沢靴では滑りやすい下りが続く。1780鞍部から笠法師山南陵への登り返しはきつかった。17:24マムシ沢の頭 南陵付近(1760)で、食事をしヘッ電を付ける。下りはじめると動物の気配がする。「ほういほうい」と声を出す。1470付近から地形図の道形を外れ、 北東の尾根に道が付けられている。18:35休憩(1270)。1200mで地形図の道形に戻る。19:01休憩(1090)。19:05暗闇の中、見覚 えのある分岐(1080)。19:11導水管小屋(1070)で下の光を見ながら腰を下ろす。下界の明かりを見ながらジグザグに下り19:34雄川閣 (850)。雄川閣で入浴し、十日町でご飯を食べて帰った。          20071008桃パパ

4 感想
都丸さんや、小畑さんのセンス、判断力に感心した。先を読んだ暖かみのある指導でした。何より、楽しかった。

5 画像 (都丸さん提供)
1ca340014 1ca340016 1ca340024 1ca340026 1ca340036 1ca340038 1ca340042 1ca340048 1ca340049 1ca340050 1ca340052 1ca340053

« 2007.09.22~24天狗の庭 | トップページ | 2007年10月28日 二王子岳 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。