« 2007.07.08川入~飯豊本山 | トップページ | 2007年8月16日 梶川尾根(梶川峰まで) »

2007年8月14日 (火)

2007年8月12日 梶川尾根~丸森尾根

1gps20070812_11 山域 メンバー
   飯豊連峰 単独

2 行動記録

   05:37天狗平(410)~06:09楢の木曲がり(690)~07:10湯沢峰(1021)~07:56滝見場(1145)~08:39~09:12五郎清水(1370)~09:46三本カンバ(1540)~10:20梶川峰(1700)~11:15扇の地紙(1888)~11:44~12:10門内小屋(1870)~12:41扇の地紙(1888)~13:10地神山(1849)~13:31地神北峰(1790)~14:05丸森峰(1540)~15:16~26夫婦清水(1030)~16:00ピーク(765)~16:46天狗平(410)

3 報告
 LTQさんが、小屋番に入るので挨拶に行った。

05:37天狗平(410)。岩場のロープが新しくなっている。独特の急登が続く。無線機からLTQがNENさんを呼ぶ声が聞こえる。06:09楢 の木曲がり(690)から飯豊山荘の赤い屋根を見下ろす。この先も急登が続くが、武田さんとOTJさんの遣り取りを聞きながら登る。07:10湯沢峰 (1021)から林の底に降りる。水場の分岐で一人パスし、ピークの北側を巻く。07:56滝見場(1145)から三本カンバが見える。この先は風の通ら ない急登。春先は景色を楽しみながら登るが、今日は一刻も早く通過したい。しかし暑さでやられたのか、飯豊に入り始めた頃のように、十歩歩いては少し休 む、という感じになった。08:39~09:12五郎清水標柱(1370)でへたり込む。水場まで降りていき、冷たい水を飲み、タオルを濡らし、頭に巻 く。標柱に戻り日陰で腰を下ろす。しばらくは寒気がして食欲も湧かず、真剣に降りようかと思った。弁当を一口ずつ食べながら休んでいる内、頭のタオルが効 いてきて、頭がしゃっきりしてきた。再び急登になり、09:46三本カンバ(1540)から斜度が緩んだ。10:20梶川峰(1700)から風が通るよう になった。ここまで7人位パスした。異口同音に「暑くて調子が出ない」と言っていた。草原を歩き、植生復元工事を観察し、斜度のある崩壊地を登り始める と、NENさんと、OIIさんが降りてきた。12:30交替と聞いていたので驚いた。聞けばLTQさんは暑さを計算して、03:00に登り初めて 08:30に着いたので早く降りれたとのことだった。11:15扇の地紙(1888)のピーク付近で、ニッコウキスゲに混じりヒメサユリが一輪残ってい た。それからはハクサンフウロやマルバトウゲブキを見ながら歩いた。小屋手前でNENさん自作の「門内清水」の看板があった。この天気では、LTQは道刈 りかなと思いながら、小屋に近づくと「山田さん」と声を掛けられ、11:44~12:10門内小屋(1870)で冷たいビールを戴きながら、暫し話した。 管理棟の気温は26℃で、休んでいる内に体は回復した。ここは本当に気持ちのいい所でずっと居たかったが、登山者が来たのを潮に暇乞いをした。水場付近で 新発田の佐藤さんと話した。胎内山に差し掛かると、JOさんがやってきた。暑くて参ってるかと思ったが、ニコニコしていた。今日は門内に泊まるということ で、良かった。既にkenrokuさん御夫妻とも仲良くなったようで、安心して別れた。12:41扇の地紙(1888)の手前で、長谷川さんに佐藤さんか らの伝言を伝えた。13:10地神山(1849)を過ぎると13:31地神北峰(1790)までイイデリンドウが盛りだった。地紙北峰の下はニッコウキス ゲが多かった。14:05丸森峰(1540)までは、尾根の南側を回り込むように道が着いていた。丸森峰の下からダケカンバの目立つ気持ち良い尾根になっ た。走ろうとするが、疲れてゆっくり動いた。15:16~26夫婦清水(1030)で水を採り休む。五郎清水より温いが、近くて良い水場だ。この下で、ブ ナの幹を左に回り込むように道が着いている所がある。道形を観察すれば解るが、崩壊地にまっすぐ降りないように注意だ。ブナから姫子松の尾根になってわず かに上り返し16:00ピーク(765)。天狗平ロッジと飯豊山荘の屋根がぐんぐん近づいていき16:46天狗平(410)。           20070814桃パパ

4 感想
 熱中症寸前でした。
1p1060091_1 1p1060134_1 1p1060137_1 1p1060074_1 1p1060075_1 1p1060088_1 1p1060093_1 1p1060094_1 1p1060096_1 1p1060097_1 1p1060105_1 1p1060135_1 ①LTQさん
②イイデリンドウ
③飯豊らしさ
④NENさん
⑤稜線
⑥二王子
⑦門内管理棟
⑧エブリサシは・・
⑨稜線
⑩門内小屋
⑪JOさん
⑫エブリサシ方面

« 2007.07.08川入~飯豊本山 | トップページ | 2007年8月16日 梶川尾根(梶川峰まで) »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。