« 2007年8月16日 梶川尾根(梶川峰まで) | トップページ | 2007.9.15~16恋の岐~平が岳~鷹の巣 »

2007年8月27日 (月)

2007.08.25美濃戸口~赤岳~硫黄岳

Gps20070825 1 山域 メンバー
   南八ヶ岳 単独

2 行動記録
06:48八ヶ岳山荘(1490)~07:37美濃戸山荘(1720)~08:14大岩(1890)~09:29~41行者小屋(2350)~09:54分岐(2400)~10:45尾根に乗る(2720)~11:19~41赤岳(2899)~12:15地蔵の頭(2700)~13:13三叉峰(2825)~13:26横岳(2820)~14:00~10硫黄岳小屋(2660)~14:32硫黄岳(2750)~14:43赤岩の頭(2640)~15:24赤岳鉱泉(2210)~16:10堰堤(1950)~16:46美濃戸山荘(1720)~17:20八ヶ岳山荘(1490)

3 報告
 06:48八ヶ岳山荘(1490)を出て、林道を歩く。10人位抜くが車にどんどん抜かれる。07:37美濃戸山荘(1720)から南沢沿いの道にな る。08:14「岩小屋」的大岩があり(1890)、この先で沢筋を離れる。高巻きが終わったところで強そうなカップルが来たので、先に行かせペースメー カーにする。ゆっくり歩く人が多く10人位抜く。カップルが休んだので先に行く。河原に出ると樹林帯の上に横岳が見える。再び、しらびその樹林帯に入り、 そこを抜けしばらく歩き09:29~41行者小屋(2350)。日差しが強いので、手ぬぐいを買い、水に浸し頭に巻いて歩き出す。テンバを横目で見て、 09:54分岐(2400)から文三郎尾根に入る。長い階段がある、明快な急登で自分好みだ。でも行者小屋まで頑張ったので、ガクンとスピードが落ちる。 10:45尾根に乗り、おにぎりを食べる(2720)。阿弥陀岳の左後方に南アルプス、右後方に北アルプス南部が見える。北アルプスは、大キレットや穂高 が手に取るようにわかる。この先、ピークを南から回り込むように道が着いている。権現岳の方からガスが上がってくる。11:19~41赤岳(2899)。 正直、展望は思ったほどではない。南側はガスに覆われていたので、晴れていれば違った印象を持ったと思う。北側に白山を思い出させる展望が広がる。この先 の下りは滑りやすい岩の道で、時間がかかる。12:15地蔵の頭(2700)で居合わせた人と話す。地蔵尾根はエスケープに良さそうだが、もう少し稜線を 楽しみたいので進む。横岳の登りは岩をへつる所が多く、剱の別山尾根を簡単にした感じだ。13:13三叉峰(2825)、そま添尾根の向こうに海野口平が 広がる。東面は、鍵盤を抑える指のような柔らかい尾根が続く。こちらの方が自分好みの展望だ。天狗山と三国岳の尾根と、金峰と甲武信岳とミズガキ山の尾根 との間を、千曲川が流れ、どん詰まりの三国峠の上に、小さなギザギザした山が見える。その北にもギザギザした山があり、居合わせた人と、両神山だろうか、 赤城だろうかと、しばらく話す。13:26横岳(2820)の標柱は地形図上の三角点より北にある。西側に巨人の腰掛けのような台座を見ながら岩場をへつ ると、尾根通しの簡単な道になり、14:00~10硫黄岳小屋(2660)。三脚とカメラを持った人や上越の二人組としばらく話す。大きなケルンを目印に 緩やかに登り14:32硫黄岳(2750)。ここで失敗したのは、山頂を踏まずに下ってしまったこと。おそらく北面の展望の方が自分好みだったはずだ。ガ スが晴れ、中岳の上に権現岳が覗く。簡単に下り14:43赤岩の頭(2640)、この先、樹林帯に入り展望がなくなる。急な下りと書いてあるが、緩く道が 付けられ下りやすい。15:24赤岳鉱泉(2210)から硫黄岳~赤岳の素晴らしいパノラマを楽しむ。大同心の存在感が素晴らしい。沢沿いの道を下り 16:10堰堤(1950)、ここから林道になり16:46美濃戸山荘(1720)、1600mで先程の上越の方に車で拾ってもらい、17:20八ヶ岳山 荘(1490)。風呂に入りゆっくり帰った。  20070827桃パパ

4 感想
 エアリアのコースタイムは、かなりシビアだ。美濃戸口から上は、普通車だと腹を擦るだろう。
1p1060199 1p1060208 1p1060213 1p1060218 1p1060219 1p1060243 1p1060258 1p1060262 1p1060282 1p1060288 1p1060290 1p1060300 1p1060313 ①文三郎尾根
②登路
③阿弥陀岳
④赤岳直下
⑤山頂
⑥八ヶ岳
⑦赤岳
⑧横岳付近
⑨稜線
⑩八ヶ岳東面
⑪大同心
⑫振り返る
⑬美濃戸から

« 2007年8月16日 梶川尾根(梶川峰まで) | トップページ | 2007.9.15~16恋の岐~平が岳~鷹の巣 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。