« 2007.06.17ダイグラ尾根~石転び沢 | トップページ | 2007.07.01大谷原~鹿島槍南峰 »

2007年6月24日 (日)

2007.06.23夜叉神峠~観音岳

Gps20070623 1 山域 メンバー
   南アルプス 単独

2 行動記録

05:42夜叉神の森(1380)~06:30高谷山分岐(1770)~06:34夜叉神峠(1780)~07:45~50杖立峠(2180)~09:06~16苺平(2510)~09:40~10:02南御室小屋(2440)~11:07薬師岳小屋(2720)~11:21薬師岳の肩(2760)~11:55~12:36観音岳(2840)~13:12薬師岳小屋(2720)~14:06~15南御室小屋(2440)~14:48苺平(2510)~15:45杖立峠(2180)~16:27~33夜叉神峠(1780)~17:02夜叉神の森(1380)

3 報告
 02:00頃、駐車場に入り仮眠。05:42夜叉神の森(1380)から林に入る。道は広く、ジグザグに着けられ、斜度が緩められている。最初はナラ、 下生えは萱。途中からブナやシラビソ?が混じる。1時間位しか寝てないので不快だ。何か理由をつけて早めに引き返すつもりだ。06:30高谷山分岐 (1770)、ここが本来の夜叉神峠だ。東側の観音経トンネルへの道は、危険のため通行止めと書かれていた。北にちょっと登り、06:34夜叉神峠 (1780)で、白根三山のパノラマが広がる。広河内の後ろの雪を被ったのは、塩見岳だろう。小ピークを越え、20m程下ると、大崖頭山への登りになる。 1880mから斜度緩み、シラビソ?が続く尾根の西側を歩く。シラビソ?としたのは、この木がオオシラビソ(青森トドマツ)に似ているから。でも、ここに はない筈なので、シラビソとした。とにかく展望のない歩きがず~~~っと続く。07:45~50杖立峠の標柱(2180)は、大崖頭山と、西側の2177 ピークとの鞍部にある。本来の杖立峠は、北側の2150鞍部を指すようだ。ここも展望はない。また樹林帯の歩きが続く。正直飽きたけど、寝不足の身には、 日射しが遮られ、良かったかもしれない。08:13、開けた明るい林に出る(2220)。もう少し登ると08:30再び白峰三山のパノラマが広がる (2310)。少し開放的な歩きが続き、再び樹林帯に入り09:06~16苺平(2510)で真鰺御飯を食べる。シンプルだがおいしい。横浜からの若い人 が2人、辻山への踏み跡に入る。自分は地形図通り、辻山の北側を巻き、緩やかに降ると南御室小屋へ出る。もう少し歩くため、09:40~10:02南御室 小屋(2440)で腰を下ろし寝る。寝ないで来たときは、緩登から急登に変わる小屋の前とかで体を暖めながら、少しでも寝るようにしている。そうすると、 かなり歩ける。シラビソの林の中を登っていくと、巨石がごろごろしてきた。ガマ岩というらしい。10:51樹林帯を抜け(2700)、振り返ると富士が見 えた。山体がわずかにふくらみ、今まで見た富士で一番きれいだ。西には北岳が出ていたが、間の岳以南は、雲に飲み込まれていた。砂礫の登りになり、砂払岳 を越えるとダケカンバの林に護られるように11:07薬師岳小屋(2720)があった。燕岳を思わせる明るい花崗岩の登りになり、11:21薬師岳の肩 (2760)に着いた。そこからは白砂の登路に切り取ったような青空、富士を振り返り、北岳や仙丈を見ながら歩いた。いつの間にかハイマツの中を歩き 11:55観音岳(2840)に着いた。そこには、一番西側の岩に腰掛け、ずっと北岳を眺めている人が居た。それまで自分は、北岳のことを、きれいだけ ど、平面な展望だと思っていた。それが人が1人居るだけで、彼我一体となった哲学的な景観になった。ともかくも地蔵岳に行くことにして、ダケカンバの中を 降りかけた。しかし少し近づいた所で「ここでいいかな」と思いやめた。見ている人には、疲れたからやめたんだろうと思われるかもしれないが、背後の甲斐駒 のpresenceと、手前のかわいらしいオベリスクを見比べたとき、あそこまで行っても大差なし、と思ったのだ。12:36まで観音岳(2840)で休 んだ。歩き出すと、富士の火口付近まで雲が上がり、北岳もガスが掛かり始めた。13:12薬師岳小屋(2720)。14:06~15南御室小屋 (2440)で水を汲む。近くて良い水場だ。14:48苺平(2510)まで登り返し、15:45杖立峠(2180)の前で、走ってきた人に抜かれた。 1850m前後から斜度が出て16:27夜叉神峠(1780)に戻ると、雲は空に上がり、間の岳が再び姿を見せ始めていた。小走りで下り、17:02夜叉 神の森(1380)。いい山だが、登ると周りの山に行きたくなる山だ。 20070624桃パパ

4 感想
 安全で良い登路です。反面、展望のない樹林帯が続き、退屈と思う人がいるかもしれません。

5 画像

1p1050583_2 1p1050586_2 1p1050624_2 1p1050628_2 1p1050634_2 1p1050638_2 1p1050639_2 1p1050641_2 1p1050642_2 1p1050650_2 ①樹林帯
②朝の光
③砂払い
④ピーク
⑤北岳にて
⑥八ヶ岳
⑦佐久の山
⑧富士
⑨甲斐駒
⑩富士

« 2007.06.17ダイグラ尾根~石転び沢 | トップページ | 2007.07.01大谷原~鹿島槍南峰 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。