« 2007年5月4日 梶川尾根~石転び沢 | トップページ | 2007.06.17ダイグラ尾根~石転び沢 »

2007年6月 3日 (日)

2007.06.03望岳台~十勝岳

20070603gps 1 山域 メンバー
   十勝連峰 単独

2 行動記録
   03:11望岳台(930)~03:55雲ノ平分岐(1250)~04:07十勝岳避難小屋(1320)~05:14昭和火口(1720)~06:14~56十勝岳(2077)~07:37昭和火口(1720)~07:59十勝岳避難小屋(1320)~08:12雲ノ平分岐(1250)~08:42望岳台(930)~09:35白金温泉バス停(620)

3 報告
 社内旅行は、白金温泉。出発2日前、十勝山麓と気づき、幹事に一部単独行動をお願いする。02:50床を出て、フロントに行くと、キャンセルした筈のタ クシーが居る。歩くつもりだったが、気の毒なので乗る。03:11望岳台(930)、月を見ながら歩き出す。大雪の向こうから白み始める。富士山の須走口 に似た、ブル道が続く。明るくなると、前十勝に噴煙が2本見える。03:55雲ノ平分岐(1250)から、斜度が出て退屈でなくなる。そのちょっと上が 04:07十勝岳避難小屋(1320)。倒壊したと聞いたが、小さな小屋がある。但し、鍵がかかり、雨量観測計のようなものが着いていたので、観測小屋か もしれない。そのすぐ上で、腹が減り、握り飯を食べる。その場で雪渓を北に渡り尾根に乗ると(1340)、富士の須走口のような黒い溶岩混じりの道にな る。05:14昭和火口(1720)まで上がると、美瑛岳の上から日が射し、十勝岳のピークが出てくる。黒い平坦な尾根をさっと歩き、雪の下に出て (1840)雪の斜面を坪足で登り、最後氷化した雪と溶岩の尾根に気をつけ、06:14~56十勝岳(2077)。北に美瑛岳、美瑛富士、オプタテシケ、 トムラウシ、大雪、東に石狩、ニペソツ、ウペペサンケ、西に遠く暑寒別、南に富良野岳の向こうに芦別、夕張、そして南東には日高と果てしなき展望が広が る。水晶岳の眺めに似ているが、静謐の空間というより、心を燃えさせる熱いものがある。誰もいない山頂で、喜びに、峡彩山男を歌う。下山のGPSを押す。 でも展望は去りがたく、日高を5分位見ていた。稜線を外れ、1840mまで雪を使う。07:37昭和火口(1720)。その下1650mから南側の雪を使 い、07:59十勝岳避難小屋(1320)まで楽出来た。再び単調な道になり、08:42望岳台(930)。歩道を使い09:35白金温泉バス停 (620)でオプタテシケを見る。美瑛駅に着くと正面に十勝岳が見える。車窓から十勝に別れを告げ、富良野で事務所に合流した。           20070603桃パパ
4 感想
 短い時間で登れ、展望は最高です。
 

1p1050178 1p1050179  左 06:17 ニペソツ方面

 右 06:17 美瑛岳



1p1050183 1p1050188  左 06:18 日高

 右 06:20 富良野岳



1p1050192 1p1050218  左 06:24 見下ろす1p1050191
 中 06:54 最高だ
 右 06:23 来て良かった

« 2007年5月4日 梶川尾根~石転び沢 | トップページ | 2007.06.17ダイグラ尾根~石転び沢 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。