« 2006年11月25~26日梁山泊 | トップページ | 2007.01.21両神山 »

2006年12月17日 (日)

2006年12月16日 第二貯水池~粟ヶ岳

Gps 1 山域 メンバー
   下田山塊・粟ヶ岳   冬山訓練山行   CL楡井 SL戸貝 田村 山田  
 2 行動記録
    08:09第二貯水池(200)~08:29二合目(320)~08:50~58三合目(480)~09:27大栃平(716)~09:35五合目(730)~10:11岩場(890)~10:15粟庭の頭(910)~10:40~59砥沢のヒュッテ(1040)~11:34八合目(1160)~11:48粟北峰(1230)~12:12~13:43粟ヶ岳(1292.7)~14:45~15:07砥沢のヒュッテ(1040)~15:48大栃平(716)~16:14三合目(480)~16:45第二貯水池(200)

3 報告  
 07:30第二貯水池に着くと、会長と戸貝さんが、田村さんの装備をチェックしていたので、謝って先行していただく。

貯水池を回り、杉林から30m位登り、尾根に乗る。標高300m位で斜度緩み、南東に砥沢峰と粟庭の頭を見ながら進む。山はまだ黒く、楡井さん達が 400m付近に見える。標高350m位から斜度が出始め、梯子を2つ登ると、程なく三合目。西に454ピーク、南西に袴腰、振り向くと白山がある。三合目 の先も夏道だ。

 大栃平からの下りは、標高差20mだが、前に砥沢峰がドンと聳えるせいか、地形図以上に下る感覚だ。楡井さん達は、今鞍部を登り返すところだ。自 分も登り返し、梯子を過ぎた所で、下を一枚脱いだら、大分歩きやすくなった。岩場の直前で、登路が雪に覆われたが、岩場のトラバースも露出し、前週より通 過しやすかった。そのすぐ先が粟庭の頭で、眼下に下田山塊が広がり、袴腰山がひときわ目を引く。南東には守門が雲に覆われながら、最後の光を浴びていた。 この時、楡井さん達は砥沢峰の上部に居た。鞍部に降りて尾根の南側を巻き、尾根に戻る。前週は、ここでシャリバテになったが、今日は朝食を食べたので歩け る。またトレースもばっちりで、歩きやすい。

 小屋では、楡井さん達が待っていてくれた。ここでワカンを着けて、自分がトップに立った。行く手に3人先行していた。ワカンを履くのは、今日が初 めてだが、シンプルで軽く、気に入った。ストックで荷重分散すると歩きにリズムが出てきた。楡井さんから、もっと後方を確認するよう注意があった。田村さ んには、ストックの長さを調節して有効利用するようアドバイスがあった。砥沢峰を下り、北峰に登り返す辺りでガスに入った。会長から先行して、少しでも ラッセルするよう指示があった。それで、先を追っかけたら八合目の手前で皆引き返してきた。それでわずかの時間トップに立てた。そこは、丁度斜度が出る所 で、雪が崩れ難渋した。尾根に戻ると、戸貝さんが来たので、30m位の距離を保って先行した。そのうち先程引き返した3人のうち2人が戻り、一人に先行さ れた。
 
 8合目を過ぎ、北峰でポイントを打つ頃には、ガスも濃くなった。さてどうしようかと考えていると、楡井さんが来て、ストップと声がかかり、皆を集めて小 休止した。そして会長と自分が先行して、トップを追った。トップは、去年ダイグラで一緒になった見附の齋藤さんだった。1264P付近で会長がトップに立 ち、山頂に着くと、程なく田村さん達も来た。南斜面に降り、風を避けテラスを作り、ツェルトを被りガスを点けると暖かくなった。皆が思い思いの食材を出 し、色々な話を伺った。特に戸貝さんの話が、興味深かった。楽しい時間は、あっという間に過ぎる。山頂を出たのは少し遅かったと思う。

 下りでは、急斜面でのワカンの使い方を教えていただいた。小屋でワカンを外し、外に出ると、雲間から光が射し、低いけれど美しいピークが見えた。 楡井さんから、あれはオギノジョウと教えてもらった。この先、田村さんがトップに立ち、楡井さんがセカンドでアドバイスした。プラブーツで夏道は下りにく い筈だが、田村さんは、頑張っていた。大栃平で少し休み、自分がセカンドに着いた。自分は、展望を見ながら、次の目標地までの標高差と傾斜の話をした。三 合目で少し休み、引き続き田村さんがトップを頑張った。梯子二つを過ぎ、標高350mで斜度が緩んだ辺りで、少し疲れてきた。2合目の看板を過ぎると尾根 が左側にカーブしていき、植生が低山ぽくなり、240mで尾根を外れ、杉林をゆっくり下った。貯水湖に出て、池を回り込むときログが狂った。なんとか暗く なる前に駐車場に着き、握手して下の駐車場に移動し、解散した。雪は、少なかったが、自分には、良い訓練になった。自分が登りでパーティを離れなければ、 もっと良い訓練になったと、反省しています。 20061217山田

4 感想
 今日は粟ケ岳へ雪山トレーニングとの事で、会長さん、戸貝さん、山田さん、田村の4名で行って来ました。粟ケ岳中央登山道から出発し頂上までの距離でし たが、登山初心者+雪山&プラブーツ初体験の私にとって当初、不安な気持ちでいっぱいでしたが、会長さん、戸貝さん、山田さんが場面ごとに適切なアドバイ スを下さり無事に下山することが出来ました。ありがとうございました。感想ですが、歩き方が適切ではなかった事、装備が不十分だった事などがあった為、ま だまだ勉強不十分だと実感しました。今回の経験を次回へ繋げていけたらと思います。 20061216田村

5 画像
1p1030323 1p1030328 1p1030329 1p1030339 1p1030326 1p1030331 1p1030342
②砥沢小屋へ
③砥沢小屋へ
④北峰へ
⑤左奥が袴越
⑥奥が守門
⑦山頂

« 2006年11月25~26日梁山泊 | トップページ | 2007.01.21両神山 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。