« 2006年11月4日 和賀岳(日記) | トップページ | 2006年12月16日 第二貯水池~粟ヶ岳 »

2006年11月26日 (日)

2006年11月25~26日梁山泊

Gps_3 今日は「はんばぎぬぎ」。10:00花立屋で買い出しして、大石の高橋賢吉さん宅に挨拶。ゲートを開けて標高250m地点まで進む。ここでストーブを下ろし、部品を外し、食材を分担する。11:30伊藤さんが本体を担ぐ(250)。

70㎏位あるはずだが、がしがし進んでいく。自分のザックは20㎏位だが、それでも重く感じる。次の担ぎ手は成海さんだ。杉林の斜度の出る所を黙々と上 がっていく。杉林に入った辺りで、大江さんに代わった。それで驚いたのだが、70㎏背負った大江さんに追いつけない。しばらくして、ようやく追いついた。 しばらくすると先行した皆さんが休んでいた。それもパスして、先に進んだ。やがて見覚えのあるブランコが出てきて、12:04梁山泊(510)。
 古いストーブを出し、新しいストーブをセット。薪を集め、火を焚き、ほっと一息。「立烏帽子に登ってきていいぞ」と声がかかり、新道を探すが見つけられ ず、旧道から入る。このとき14:40位だったと思う。平坦に進んで、どんと急登が始まる。初めての人は驚くだろう。自分も久しぶりに大勢で歩くので緊張 する。真っ直ぐ登る道が、トラバースになり、尾根に乗り、程なく15:03~15:12立烏帽子(692)。
 飯豊は逆光でエブリサシは思ったより黒い、頼母木山辺りから白くなる。その先は葡萄鼻山に隠れている。今日いいのは、朝日だ。黒い光兎山の向こうに白く 浮かんでいる。朴坂山塊、葡萄山塊の向こうに海岸線がある。自分は村上の出なので、この眺めを見るとほっとする。崖を覗き込むと杉林の間に梁山泊の青い屋 根があり、煙突から煙がモウモウと上がっていた。下から「おーい」と呼ぶのを潮に皆で降りた。
 松原さんのちゃんこ鍋を肴に宴が始まった。皆さん今年良かった山、来年行きたい山を言うのだが、それを川口さんが色々混ぜっ返して面白かった。自分は、 「飯豊の冬の稜線に立ちたいです」と言った。すると、年配の方々から、「おお」という感じの共感の声が漏れた。それで、「チャンス!」と思って、「コイカ クシュサツナイからカムエクにも抜けたいです」と付け加えたら、「なんじゃそれ」という感じの失笑が漏れた。あわよくば山行計画に入れて貰う計算だった が、少し欲張りすぎた。それで、歌なども出て、酒も回り、寝た。ストーブは充分暖かかった。
 明けて、6:00頃、渡辺さんに挨拶して外に出ると、火がまだ起きていた。いい会と思いながら、杉林を降りた。 20061126桃パパ
1p1030248 1p1030249 1p1030255 1p1030260_1 1p1030270_1 1p1030283_1 1p1030288_1

« 2006年11月4日 和賀岳(日記) | トップページ | 2006年12月16日 第二貯水池~粟ヶ岳 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。