« 2006年09月2~3日 岳沢~奥穂高 | トップページ | 2006年10月14~15日 ダイグラ尾根~梶川尾根 »

2006年9月25日 (月)

2006.9.23~24新穂高~水晶岳

1gps 09月23日
05:52登山者駐車場(1040)~06:12レストラン新穂高(1080)~06:58中崎橋(1330)~07:15笠新道分岐(1370)~07:26~37ワサビ平小屋(1402)~08:33秩父沢(1720)~09:38シシウドヶ原(2080)~10:22~41鏡平山荘(2280)~11:34~43弓折岳分岐(2560)~12:53~13:05双六小屋(2540)~13:29巻道分岐(2660)~14:59三俣蓮華分岐(2750)~15:28三俣山荘(2540)~15:53黒部源流(2400)~17:03岩岳乗越(2730)~17:20ワリモ分岐(2790)~18:00水晶小屋(2900)
09月24日
04:50水晶小屋(2900)~05:30~50水晶岳(2977.7)~06:30頃~40水晶小屋(2900)~07:11ワリモ分岐(2790)~07:38ワリモ岳を巻く(2870)~08:07~14鷲羽岳(2924)~09:04~14三俣山荘(2540)~10:06三俣蓮華分岐(2750)~11:04水場(2600)~11:40巻道分岐(2660)~11:59~12:05双六小屋(2540)~12:43ピーク(2622)~13:15弓折岳分岐(2560)~13:48~52鏡平山荘(2280~14:23シシウドヶ原(2080)~15:06秩父沢(1720)~15:41小池新道分岐(1480)~16:00~04ワサビ平小屋(1402)~16:17笠新道分岐(1370)~16:29中崎橋(1330)~17:15レストラン新穂高(1080)~17:26登山者駐車場(1040)
  「水晶岳に行けるかな?」、と地形図を開いたら、三俣山荘がパッと飛び込んできた。

山の弱点を縫うようにつけられた道。「やれる」と直感して、金曜日18:00新潟発。富山IC~神岡を経て11:30頃深山荘の無料駐車場。05:20起 床、よく眠れた。レストラン新穂高で登山者届を出し、左俣林道へ。腹具合が悪く時間を取られる。笠新道分岐に水有り。ワサビ平小屋でパンを食べる。橋の手 前で小池新道に入る。白い河原を歩き秩父沢で水を飲む。沢筋を詰めてシシウドが原。シシウドが一杯ある。東にトラバースして沢筋を詰めると、気持ちいい林 の中に鏡平山荘があった。槍を眺め、トイレを借りる。小尾根を登り、鏡平山荘を見下ろしながら、尾根筋をトラバースして弓折岳分岐。槍が鏃のように見え る。槍を見ながらの散歩が始まる。2622ピークを過ぎると緩やかに尾根の西側へ降りていく。西側の双六岳は飯豊本山に似ている。池を過ぎると双六小屋。 小屋に入りおでんとCCレモンを食べる。頭が痛くなってきたので、手ぬぐいを買い頭に巻く。単独行の女性とスライド。楽しそうだ。この先、腹具合が良く なった。小ピークから北へトラバースする。モミ沢の下から「おーい」と声がするので、見下ろすと二人の男性が居る。間違って遡行したそうだ。登山道が見つ かってよかった。翌日は樅沢の水場直下で「レヒホー」と声がした。今度は確信犯の遡行者でしっかり歩いていった。水場を過ぎてからの緩やかな登りが長かっ た。三俣山荘で15:30。時間的にはもう遅い。でももっと歩きたい。迷わず突っ込んだ。水源地からの登りは長かった。沢音がうるさく気にさわったが、や がてシーンとなり、やっと岩岳乗越に着いた。この先は殆ど惰性で歩いた。振り返ると雲の上に槍が幻想的に浮かんでいた。小屋では到着が遅いと叱られた。す みません。その後カレ-食べ放題だと言われ、大盛りで2杯食べた。長歩きは二日目の方が疲れるので、足を念入りにマッサージした。翌朝は04:20起床。 カメラだけ持って出た。緩やかに歩く。最後の岩峰も易しい道が着けられていた。山頂からゆったりと周りを見る。言葉はいらない。国士無双だ。鷲羽は通らな いつもりだったが、岩岳乗越からの下りが勿体なく見えて歩いた。ここも良かった。双六まで時間がかかったのは腹具合が悪かったから。不思議と双六小屋で 直った。後は長い退却戦。ここが難しい。深山荘の桧風呂で、いろんな山を思い出しながら、ゆっくり帰りました。 2006925桃パパ


1p1020329 1p1020331  左 9/23 08:36秩父沢

 右 09:30 シシウドヶ原の登り


1p1020333 1p1020334  左 09:39 振り返る

 右 10:21 槍ヶ岳






1p1020337 1p1020339  左 11:05 見下ろす

 右 11:07 弓折岳の登り



1p1020340 1p1020352  左 11:24 振り返る。鏡平山荘が見える。

 右 12:09 笠ヶ岳方面



1p1020358 1p1020367  左 12:22 双六小屋への登路


 右 13:14 単独行。双六小屋でスライド。お願いして写真を撮る。








1p1020372 1p1020373  左 13:49 間違えて遡行してきた人達

 右 13:53 振り返る



1p1020376 1p1020400  左 14:03 登路

 右 17:18 薬師岳


1p1020406 1p1020408  左 17:37 登路

 右 17:41 遠くに槍




1p1020409 1p1020439  左 17:41 落陽

 右 9/24 05:35 ご来迎





1p1020440 1p1020463  左 05:36 水晶岳

 右 05:46 水晶岳から北面の展望



1p1020472 1p1020475  左 06:20 水晶岳を振り返る

 右 06:20 薬師岳?



1p1020526 1p1020539  左 08:13鷲羽岳

 右 10:04双六岳の巻道から。好きな展望。20年前に撮った写真が机にある。 桃パパ

« 2006年09月2~3日 岳沢~奥穂高 | トップページ | 2006年10月14~15日 ダイグラ尾根~梶川尾根 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。