« 2005年03月20日二王子岳 | トップページ | 2005.4.24西俣の峰~頼母木山 »

2005年4月16日 (土)

2005年04月16日727ピーク

1gps90 08:00梅花皮荘(300)、トレースがある。08:20西俣の尾根があるのに、トレースばかり見て通り過ぎる(330)。南の尾根に取り付く。420m付近を南にトラバース後、08:51尾根に乗る(400)。

若干のヤブこぎを交え、しばらくは気持ちよい雪の上を歩く。しかし西俣の峰への道にしては、ヤブが濃い。09:44急斜面のヤブこぎ始まる(620)。最初の核心部を突破するとき、ピッケルにはねられた枝が眼鏡を吹き飛ばす。前の斜面に当たりカラカラと落ちていく。ここを降りる自信がなく、裸眼視力0.1 のまま上に進む。この時点で西俣の峰への本来の登路と違うことがはっきりし現在地を見失う(私のGPSは初期設定の地図を取っ払ってある)。下れないので 12時まで上に行くことにする。10:07最後の斜度も厳しかったが、松の根方でヤブこぎが終わり、斜度緩む(650)。雪に乗り 10:27~10:45ピーク(727)。ここで現在地を特定しなければならない。高度計は710mを指している。パンを食べながら地形図とGPSを突き 合わせる。とりあえず本来の尾根より南の尾根を来たことはわかった。上に見える平坦地を727ピークと仮定して進み、10:51平坦地(750)。まぎらわしいがここを727ピークと仮定し、コンパスを使うと西俣の峰に合ったので、ここを727ピークとした(西俣の峰と750平坦部と727ピークはほぼ一 直線上にある)。今度は530m鞍部を探すと、先ほど来た所の北を指したので降りていく。11:03ピーク(727)通過、11:09夏道と赤布を見出し ほっとする(700)。ここから西俣の峰までは戻れそうだが、ケチのついた山行なので降りる。11:14~11:22雪が出た所でアイゼンつける (700)。本当はいらないが、臆病になっている。11:29夏道に戻り、アイゼンを外す(670)。11:51鞍部から西側の雪を使いピークを巻く (530)。姫子松の急な尾根を下る。梶川尾根より急だと思う。12:10~12:22食事休憩(460) 尾根が分かれた直後大岩が出てくる。視界がぼんやりして、ホールドを探しながら下る。12:39大岩通過(400)。尾根を北に外れ(350)雪を斜めに降りる。13:10梅花皮荘(300)。梅花皮荘で風呂に入り予備の眼鏡を取り出し新潟に戻った。結果は地味だが、本当は危ない山行だった。 20050416桃パパ
1pict6827 1pict6831 1pict6840_1 1pict6841_1 1pict6842_1 1pict6846_1 1pict6847_1 1pict6821 1pict6822 1pict6830 1pict6845_1

« 2005年03月20日二王子岳 | トップページ | 2005.4.24西俣の峰~頼母木山 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。