« 2004.10.16~17ダイグラ尾根 | トップページ | 20050306二王子岳(撤退) »

2005年1月 5日 (水)

2005年01月03日 二王子(にのうじ)岳

Gps 私が山の行先を考えていると、かみさんに「二王子にしたら」と言われることが多い。かみさんは、山に行くことに否定的だが、二王子と角田なら出してもいいと思っているようだ。二王子岳は、それ程親しまれている山だ。
 

07:13起床。新新バイパスに乗ると、青空に飯豊が白く浮かび、アクセルをつい踏みすぎてしまう。08:30頃南俣に着くと既に7台位駐車している。雪 捨場から少し離れた所に停める。08:43南俣(90)、最初から雪がある。沢沿いに林道を歩き、永久橋を越える。畑まで上がると東に尾根が見え、ピーク に杉林がある。一王子だ。09:33尾根を越える(250)、姫田川沿いに大きな杉を縫うように歩く、太鼓橋を越え、しばらく進み、左に上がり09:49 二王子神社(290)。登山者名簿に記入し杉林に入る。トレースがばっちりついていて夏山のようだ。杉林は密度が高く、登りのログが北に乱れる。最近小さ な山ばかり行っていたせいか、一つ一つの尾根や沢が地形図より大きく感じる。この感覚は山頂付近まで続いた。右手の尾根にとりつき10:22一合目の杉の 木(430)、杉林を抜け斜面をトラバースすると巨石の転がる沢筋に出る。普段は歩きにくい所だが、今日は白く雪を被り歩きやすい。振り返ると葉を落とし た樹間から海沿いに角田弥彦が並び、手前に五頭が見える。この先少し斜度が出る。10:47神子石(600)も雪に覆われている。少し登り10:52水場 で喉を潤す(630)。この先一王子までログが乱れている。登りの南側のログが正しく、夏道に忠実に沢筋をたどった。水場の近くにもう一本、南の尾根に乗 る弱いトレースがあった。尾根に乗り、一王子をパスして789ピークの東に出るようだった。上の方に杉が見えてくると、斜度が緩み11:14~11:20 一王子(720)。大杉の下でカロリーメイトを食べる。行く手に独標から北に伸びる920ピークが見える。歩き出し南にカーブすると藪の間から独標が見え てくる。標高850mから900mにかけて地形図では沢筋を通るが、トレースは南の尾根を使った。900mから先は緩やかに高度を上げていき 12:10~12:18独標(994.4)。積雪は1.7m位と少ない。東の藪の中にかすかに白い山頂が見える。この少し先で女性が一人引き返した。登路 が南にカーブする辺りから加治の要害山から、櫛形山脈、蔵王山塊、朴坂山塊、そして蒲萄山塊が海岸線沿いに少しずつ見えていった。朝日も空に白く浮かんで いた。手前の光兎山も同じ位、白く見えた。12:50に1202ピークへ続く尾根に乗ると五頭、白山、粟、浅草、守門といった内陸側の山々が見えた。この 辺りは雪面もクラストして歩きやすかった。1202ピークから油こぼしまでは、積雪が十分でなく、去年の1月17日よりも景観に雑味があった。一部風でト レースが消えかける中、、油こぼしに近づく。尾根の末端を登るところでは、雪もかなり深く、上の方でもがいた。13:25油こぼし(1240)。去年の冬 はここから山頂まで一投足という記憶だが、今回は見通しが効かずあてが外れた。この先でスノーシューをつけるとき下越山岳会の渋谷さんとスライド。その先 で標識旗を回収している3人パーティとスライドした。その先で新発田のSさん夫妻と単独の男性とスライドして、その先は誰もいなくなった。さてこうやって 標識旗の外された雪面を見ると、風は強くなり、時間も遅く、この先は一線を越える気がした。引き返すつもりが、九合目のアンテナを見ているうち自然に足が 前に出た。14:10九合目(1410)、風が強い。大日が見える。飯豊はもう見えなくなったかと思っていたのでうれしい。進むうちエブリサシまでが白く 姿を現した。今まで二王子で見た中で一番きれいな飯豊だ。勇気づけられる思いがして、ひときわ風が強く吹いたとき願い事を叫んだ。言い終わると風が止み、 聞き届けられたようで嬉しかった。また風が出て雪原を進む。殆ど埋まった小屋を過ぎ、14:15~14:18二王子岳(1420.3)。写真を撮るが寒気 と風のためレンズの沈胴がうまくいかない。白い飯豊をもう一度眺め歩き出した。雪煙が立つ中、標識旗のない雪原を歩くのは気持ちいい。目を上げると雨量観 測施設のアンテナが逆光を受け鈍く光っていた。14:59油こぼし(1240)でスノーシューを外し、急斜面を降りた。トレースは生きておりありがたかっ た。15:40独標(994.4)、16:01一王子(720)、16:37二王子神社(290)でも日の光が残っていた。登山者名簿に記入し、旧道に入 る辺りから少しずつ暗くなった。 16:54尾根を越える(250)。こんなときスキーがあれば早く移動できるのにと思う。上の畑辺りでヘッドランプを点 けた。杉林の向こうに南俣の街灯が見えたときはホッとした。17:32南俣(90)。 20050105桃パパ
1pict6001 1pict6003 1pict6049_1_2 1pict6000 1pict6002 1pict6014 1pict6025 1pict6026 1pict6027 1pict6034 1pict6047_1 1pict6051 1pict6052 1pict6053 ①旧道分岐
②杉林
③9合目
④南俣
⑤二王子神社
⑥一王子の先
⑦登路
⑧登路
⑨左奥山頂
⑩山頂小屋
⑪飯豊
⑫登路
⑬越後平野
⑭振り返る
 

« 2004.10.16~17ダイグラ尾根 | トップページ | 20050306二王子岳(撤退) »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。