« 2003.08.31~09.01 カムイエクウチカウシ | トップページ | 2004年1月12日粟ヶ岳(1292.7m)  »

2003年11月 3日 (月)

2003.11.1~2 飯豊本山

Gps2003110102 地形図 川入 大日岳 飯豊山

11月1日晴
07:12川入駐車場(540)→07:19御沢(570)→07:57~08:05下十五里(820)→08:25~08:32中十五里 (940)→08:55~09:00上十五里(1080)→09:30笹平(1250)→09:49~09:54横峰小屋跡(1320)→10:10水場 分岐(1360)→10:20~10:26水場(1380)→10:39分岐(1440)→11:18剣ヶ峰標柱(1560)→11:39~11:48三 国岳(1644)→12:30七森標柱(1700)→12:55種蒔山標柱(1770)→13:15~13:25切合(1740)→14:05草履塚 (1908)→14:24姥権現(1820)→14:30御秘所標柱(1830)→15:36一王子(2070)→15:47飯豊本山(2102)

11月2日晴
07:16飯豊本山(2102)→07:23一王子(2070)→07:55御秘所標柱(1830)→07:57姥権現(1820)→08:17草履塚 (1908)→08:44切合(1740)→09:02種蒔山標柱(1770)→09:20七森標柱(1700)→10:05~10:24三国岳 (1644)→10:40剣ヶ峰標柱(1560)→11:10分岐(1440)→11:19~11:26水場(1380)→11:35水場分岐 (1360)→11:47~11:52横峰小屋跡(1320)→12:05笹平(1250)→12:24上十五里(1080)→12:40中十五里 (940)→12:54~13:00下十五里(820)→13:29御沢(570)→13:39川入駐車場(540)(カッコ内の数字は地形図とGPSと 高度計から求めた標高です。今回のGPS設定は35秒に一回です。)

記録
 この週末は、大鳥池の予定だったが、1年の流れを考えて飯豊にした。ダイグラと西俣の経験があって、カムエクに登れたのだから、今年中にもう一度本山神 社にお参りしたかった。本当はダイグラから入りたかったが、日の短さ、体力、小屋の有無を考え川入にした。実は、先週も川入から入ったが、靴が浸水して途 中で引き返した。今度は冬用の靴を買い、不安をなくして向かった。
 11月1日04:30新潟市の自宅発。京ヶ瀬から安田に抜け、下道を行く。07:12川入駐車場発(540)、杉林を歩き大白布沢を永久橋で渡り 07:19御沢(570)。四本の大杉に手を合わせ、ブナ林を少し歩き、斜面の急登になる。斜度はそれほどでもないが、崩壊した所が多く歩きにくい。ログ を見ると、この付近は地形図の登路より少し東側を歩いている。人の入り込みが多く、登路が崩壊しやすいため、付け替えられるのだろうか。尾根に合わさりブ ナ林を登っていく。紅葉は下が盛りでこの辺はもう過ぎている。07:47標高750m付近で上に杉林が見え下十五里とわかる。登路に杉があるのは上・中・ 下十五里だけだ。おそらく宗教上の理由で植えられたのだろう。07:57~08:05下十五里(820)。葉を落とした樹間から行く手にピークと尾根が見 える。横峰小屋跡のピークと小白布沢登山口から来る尾根、その後にあるのが牛が岩山の尾根だろう。
 下十五里を過ぎると、登路の崩壊が減った。左手の樹間から三国岳と小屋とトイレが見えるが、まだ小さく遠い。08:25~08:32中十五里で新しい靴 の紐を直す(940)。先週は冠雪しているのに、靴が浸水したので引き返した。新しい靴は皮がキュウキュウ鳴るが継ぎ目が少なく
素性がいい感じだ。最後まで靴擦れせず感心した。左手の樹間から松平峠から疣岩山、松の木尾根などが見える。松の木尾根を観察しながら登る。三国岳は目の 高さに近づいてきたが、水平距離は遠い。また上に杉が見え08:55~09:00上十五里(1080)。高度的に限界なのか一本の杉は枯れており、もう一 本も元気がなかった。下十五里を過ぎてからここまで、少しずつ斜度も緩み、登路も段々堅くなり、歩きやすくなった。けれど景観が開けないので、退屈に感じ る。09:30笹平(1250)は、登路がカーブして笹が生えているだけの場所だった。09:49~09:54横峰小屋跡(1320)を過ぎるとすぐ、右 手から小白布登山口から来る尾根が合わさった。行く手には地蔵山が見え、分岐の道形の想像がつく。水平に歩き、緩やかに登り10:10水場分岐 (1360)から左手の斜面に入る。斜面につけられた道だが広く歩きやすい。歩くうちに樹間から三国岳が方向を変えていき、やる気が出た。 10:20~10:26峰秀水(1380)は、登路のすぐ側にあり良く出ていた。再び斜面を歩き10:39地蔵山から来る尾根に出た(1440)。先週は ここで引き返したのだ。稜線よりわずかに北寄りを笹の中緩やかに降りていく。尾根に乗ると七森から三国岳東面のスラブが荒々しく迫り、気持ちいい。景観が 開けるとやる気も出る。鞍部を水平に歩き、少し緩やかに登ると岩が出て、剣が峰が始まる。ダイグラ尾根より登りやすい。11:18剣ヶ峰標柱(1560) を過ぎても岩場は続く。新しい靴は、水平なところで重さを感じるが、こういう岩場は歩きやすい。この頃千葉の人に抜かれる。岩場の上にふわりと立つ、不思 議な人だった。上からは三十代位の男性が降りてきて、雲が多くなったので引き返したと言った。この日、会ったのはこの二人だけだった。山頂近くで右手の沢 に水場が見え、良く出ていた。
 11:39~11:48三国岳で休む(1644)。山々が重なっている。七森や種蒔山といったピークはわずかに左右にずれており、ここから本山まで見通 せる。魅力的な景観だ。鞍部に降りて、鎖一本と、二つのピークを過ぎて12:30七森標柱(1700)。東面はスラブなので西面を巻いている。この付近 アップダウンもあるが、足場の悪さを感じた。七森を過ぎると右手から地蔵岳の尾根が入ってくる。笹原の中に葉を落とした木が点在する様が美しい。種蒔山の 手前で斜度が緩み、緩やかな丘から切合の鞍部、草履塚、一王子、本山と続く展望がパッと開け、歓声をあげた。12:55種蒔山標柱(1770)。笹原の掘 れた道を降りていき13:15~13:25切合(1740)。水は少し戻ったところの山形側斜面の小沢から出ていた。この先砂岩質の斜面でも水が採れた。 掘れた登路を登り14:05草履塚(1908)、登りでは大日岳はガスに隠れ見えなかった。緩く歩き、もう一つのピークからの下りで、姥権現の鞍部から御 秘所、御前坂がよく見える。この景観も地形図に忠実で好きだ。姥権現への下りで雪がわずかに残っていた。
 14:24姥権現の鞍部(1820)。羽前の小松のマエという女性が、山に登ったため祟りで石にされたと聞いているが、おそらくは前代神の零落したもの だろう。赤い前掛けを掛けて拝むのは、祟りを受けた女性に対してすることではない。羽前というのがポイントで、会津蓮華寺が滝不動を焼き討ちする前の山形 側の神様かもしれない。
 ほどなく14:30御秘所標柱(1830)。岩場を登ろうとしたら剣が峰で抜かれた千葉の人が降りてきた。できそうな人だった。御秘所は以前より易しい と感じた。緩く登り1900m位から御前坂をジグザグに登る。青空が頭上に広がり気持ちいい。右手を見るとブロッケンが出ていた。私は飯豊でブロッケンを よく見る。足が遅いため、夕方のガスの湧く時刻まで行動していることが多いからだろう。少し雪を踏み15:36一王子の石組に入る(2070)と、本山小 屋が見えた。緩く登り15:47飯豊本山(2102)。ガスが湧いて三角点のピークから北は見えない。寒くなってきたので、雪を採り小屋に入り雑煮を作 る。一人きりの本山小屋でローソクをつけ、自分の掲示板にカキコした。夜は風が出た。シュラフにカバーをつけても足下が寒くザックに足を突っこんで寝た。 夜半トイレに起きると、大風の中、星が見え、ガスが大日の下の方に沈んでいた。風が強く眠れないかと思ったが、いつの間にか寝てしまった。

11月2日晴
 目が覚めたのは05:50位。白々としている。窓から外を見ると全山出ている。急いでデジカメを持ち神社の裏に回る。私はここから見る飯豊が好きだ。少 し慣れてきたが、飯豊ならではの、どっしりとした伸びやかな景観だ。以前は梶川尾根や石転び沢に惹かれたが、今日は大日岳が美しく見えた。稜線の雪はない ように見えたが、ダイグラ尾根上部は、雪がついていた。ひとりでに手が合わさり、仕事と山が長く続くよう祈った。大朝日の北に月山、以東岳の北に白く鳥海 山が見える。見ているうちに南東の磐梯山が白くなり、蔵王の上にオレンジの光が流れ出た。少し出たあと直ぐ上の雲に入り、上部を光らせた。日が昇ると鳥海 は消えた。
 景色を見たら早く家に帰りたくなった。小屋に戻り、鰹節でだしをとり、青菜と干しエビの含み煮としらすで雑煮を作ったら、うまかった。07:16飯豊本 山発(2102)。天気が良く、途中7パーテイ位とスライドした。三国岳まで降りて、腰を下ろしリンゴを囓りながら本山を見ているとき幸せだった。水場の 分岐からは退屈だが安全な登路だ。山行が終わるのを惜しむように下った。昨日の風で落ち葉が登路を埋め、ほてった足裏に優しかった。本山にお参りし、1年の流れが出来た山行だった。 20031103桃パパ
1pict1469 1pict1478 1pict1459 1pict1479 1pict1481 1pict1486 1pict1488 1pict1516 1pict1577 1pict1617 1pict1634 1pict1635 1pict1641 1pict1646 1pict1643 ①御秘所
②草履塚
③三国岳
④御前坂
⑤ブロッケン
⑥一王子
⑦本山
⑧御来光
⑨朝日
⑩草履塚
⑪種蒔山
⑫切合
⑬七森
⑭三国岳から本山
⑮季節外れのミヤマキンバイ


« 2003.08.31~09.01 カムイエクウチカウシ | トップページ | 2004年1月12日粟ヶ岳(1292.7m)  »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。