« 2003.07.05~06ダイグラ尾根~石転沢 | トップページ | 2003.08.31~09.01 カムイエクウチカウシ »

2003年8月19日 (火)

2003.8.16~17 大熊尾根~権内尾根

Gps2003081617 地形図 安角 杁差岳
8月16日晴れ後曇り
05:49大石ダム(200)→09:12~09:22十貫平→11:13~11:45大熊小屋(380)→12:20尾根に乗る(500)→
14:12~14;25一杯清水(890)→16:40一の峰(1470)→17:24分岐(1600)→17:29~17:40杁差岳(1636.4)→17:45杁差小屋(1610)
8月17日曇り後雨
04:49杁差小屋(1610)→04:52~06:00杁差岳1636.4m→06:13長者平(1590)→06:35前杁差岳(1530)→07:32~07:44千本峰(1164)→08:16権内の峰(1001)→08:48~09:00カモスの頭(847)→09:08水場分岐(770)→09:25雨量計NO.2(630)→10:08東俣第二吊り橋(350)→10:25尾根に乗る(490)→10:40三吉の平(350)→10:51東俣第一橋(300)→12:00彫刻公園ゲート→12:48大石ダム駐車場
記録
 杁差(エブリサシ)岳は飯豊連峰の北端に位置する。

6月頃から杁差岳を西俣から登りたいと思っていたが、登路に糸を垂らすと12.5kmと長いため逡巡していた。また今年は天気が悪く大熊沢までの道も不安 だった。しかし不思議なもので、最近楽な山が続いたら飯豊に行きたくなった。天気も良さそうだし、お盆で本山も梅花皮小屋も混雑が見込まれたので、今回登 ることにした。折しも実家の村上は七夕で、かみさんと子供を連れて前夜のうちに移動した。そしてGPSを45秒に一回受信モードに設定した。これは23時 間40分でログが一杯になるもので、自分の鈍足と沢での受信感度の悪さを考慮して決めた。そして登山者情報574号を読みながら寝た。
8月16日晴れ後曇り
 05:49大石ダム駐車場発(200)、ダムを渡りトンネルの入り口左のスイッチを押すと10分間照明がつく。トンネルを出ると行く手に杁差岳が遠く見 えた。広い道を歩き06:04白い橋(200)を渡った。06:25~06:29滝倉橋で登山者カード記入する(200)。アブが出てきたのでハッカ油を 塗った。滝倉橋を渡ると細い道になった。06:44黒手沢で赤い橋を渡る。ここは地形図でイヅクチ沢と表記されていたので混乱し現在地がわからなくなった (190)。読んでいる人は、GPSを使えばいいではないかと思われるかもしれない。けれど緊急のトラックバック(もと来た道を戻ること)以外はGPSを できるだけ使いたくない。GPSばかり見ていると地形の観察がおろそかになり、山行の緊張感がなくなるからだ。なのでGPSにこの場所を記憶させただけで 進んだ。カジガネの岩肌をそれと気づかず通り過ぎ、杉の植林が少し、後はブナの中を歩いた。
 07:40ブナ林を抜けると岩肌につけられた登路の向こうに杁差が見えた。人形の峰から続く尾根が迫っており、地形図を見てここが659mピークから東 に伸びる尾根の突端だと見込みをつけた(230)。登路は沢の上流に向かい山腹の岩肌につけられた道を進んでいった。かなり入った所に渡渉点があり、それ を過ぎると山腹の道を516mピークから伸びる尾根の突端に戻っていった。08:05 516mピークから来る尾根の突端で再び杁差が見え、現在地がわ かった。帰ってからGPSログと地形図と越後の山旅と登山者情報574号を突き合わせてこの沢がイヅクチ沢だとわかった。
 ブナ林に入り、下生えのシダの間に08:21うじ沢の標識(260)。ログを見ると、516mピークと683mピークを結ぶ尾根に東から食い込んでいる 沢だが、現地では小さく見えた。その後08:45 683mピークから東に伸びる尾根の延長線上(250)、09:04スノ沢の手前(260)などにきれ いなブナ林が見られた(260)。09:12スノ沢を飛び石づたいに渡り(290)、短い鎖で上に上がると、今までとは違った感じのブナ林が広がった。木 肌に風格があり、蝉の声が深く浸み込むように響いていた。辺りを見回し、一つ一つの木が高いため深く響くのだろうと思った。ここが十貫平で、その中を 09:13~09:22まで写真を撮りながら歩いた。タキプ沢で十貫平は終わる。その後09:34にもブナ林が見られた。ゼカイ沢が近づくと、道は狭くな り沢に近づいていった。これはゼカイ沢の手前でログが西俣川の右岸に飛んでいることからも読み取れる。山肌が近づき、西側の衛星捕捉が絶対的に妨げられロ グが狂ったと考えられるからだ。行く手に右手から流入する沢が見え09:59ゼカイ沢。静かで落ち着くところだ。アブが出たがすぐ消えた。子供のアブなの かクリーム色の体に緑のスジが入っていた。この付近に鉱山跡があるはずだが気づかなかった。11:05二本丸太橋を2本ワイヤをつかんで渡る(345) と、ほどなくブナ林の中に青い屋根が見え11:13~11:45大熊小屋(380)。直ぐ近くにいい水が流れていた。下りの単独行者が一人と沢登りの6人 パーテイがいた。その中の一人に「よりによってこんなところに来るなんて、好きだなぁ。俺もそうだけど」 と言われた。皆ここが好きで来ているのだ。それ が感じられ嬉しかった。
 小屋を出ると気持ちよいブナ林の中を歩く。広く緩やかな斜面を歩いていた道形が露骨に斜降していき12:04大熊沢(430)。この吊り橋は2本丸太に 一本ワイヤで、おっかなかった。橋を渡り少し登ると道形は緩やかに斜上していき12:20尾根に乗った(500)。ログはつけていないがこの尾根は地形図 の登路よりも一本南の尾根だ。登り初めて直ぐ、道刈の人達が降りてきて小屋の状況を聞かれた。行き届いた整備にありがたいと思った。結構急な尾根だが、道 形はわずかにジグザグにつけられており斜度を緩めている。古い登路の尾根とは570m位で合わさった。12:42斜度緩み尾根に姫小松とブナが混じり気持 ちよい(580)。13:08~13:26 700m付近で休む。長者平の下に大熊沢上部が見える。762mピークからの登りでは足の松尾根越しに二王子 岳が段々見えてきた。きつい登りだなぁと思っていると、行く手からぽたぽたという水音が聞こえ14:12~14;25登路左手の一杯清水(890)で休ん だ。なるほど一杯清水とは良くつけたもので、シェラカップにちょうど一杯位とれる。先程の道刈の人の細工か、落ち口に木の葉が噛ませてあり、汲みやすかっ た。樹林帯の見通しの効かない尾根を登る。右手の樹間から時折見える二王子が段々姿を現していく。14:43展望開け、カリヤス平方面が見えた (990)。15:32一の峰が見える。杁差はガスの中だ(1220)。15:47~16:00カリヤス平(1250)は、草地から一段上がったところ で、ここら辺が一番きつかった。歩き出し振り返ると櫛形山脈の向こうに町並みと日本海が見え、左手を見ると人形の峰の向こうに、二等辺三角形の光兎山、そ の向こうに三段の鷲ヶ巣が見えた。つらい登りを故郷の山に慰められた。16:40一の峰(1440→1470)に着くと杁差がどっしり見えやる気が出た。 少しニペソツに似ていると思った。16:58二の峰(1510)過ぎ新六の池から一登りで17:24小屋分岐(1600)。杁差小屋は直前まで見えない。 タカネマツムシソウの中を少し登り17:29~17:40杁差岳(1636.4)。くるっと見回して「こ・・・れはすごい」と思わず口に出た。そして何故 もっと早く来なかったのだろうと悔やんだ。南には飯豊の主稜が雲海の中、島のように見え、南西には東港の火力発電所と日本海が残照を受け鈍く光っていた。 沖には大佐渡小佐渡が二段になって見え、櫛形山脈、光兎山、粟島、鷲ヶ巣山、朝日連峰 と北に続いていった。何より嬉しかったのは北西の葡萄山塊の手前 に、こんもりと小さな二つの固まりが見えたことで、これは実家の裏山の臥牛山であった。17:45杁差小屋(1610)に入り、小屋下の水場に行く。下り 5分、標高差30m位、雪渓はまだ残っており使えた。近くには終わりかけのニッコウキスゲが咲いていた。小屋の1階は7人位で、うち3人は今日大熊小屋か ら登ったパーテイだ。2階は6人で権内尾根からの二人連れ、足の松尾根からの二人連れ、あと単独行者と私だった。今夜は、オークラ山里の餡を使ったおかゆ と大鋸の油揚味噌漬だ。隣の人に勧めたら好評だった。新発田の夜景がきれいで、笑いながら罪のない話をして8時過ぎに寝た。
8月17日曇り後雨
 04:49杁差小屋(1610)発、04:52~06:00杁差岳(1636.4)でパスタを作り展望を楽しむ。本山が思ったより近くだ。ダイグラが短 く見える。やがて人が登ってきて寒江山の左に見えた山を鳥海山ではないかと言った。自分は色が薄くないので月山だと思った。早めに家に帰りたいと歩き出 す。06:13長者平(1590)の小さな池塘からダイグラに別れを告げる。行く手に前杁差岳が見え、その延長線上に蒲萄山塊と臥牛山が見える。実家に向 かって歩いているようで気持ちが良い。06:35前杁差岳(1530)を過ぎ、07:32~07:44千本峰(1164)で実家に電話が通じた。回線は安 定していた。この先はガスに入りあまり印象がないが、全体的に大熊尾根より斜度を感じた。08:16権内の峰(1001)、08:48~09:00カモス の頭(847)、09:08水場分岐(770)、09:25雨量計NO.2(630)を過ぎると沢音が近づく。最後尾根を少し外れてから10:08東俣第 二吊り橋(350)。この先しばらく、ぐちゃぐちゃした不快な歩きが続く。10:25尾根に乗り(490)緩く下っていき10:40気持ちのよいブナ林で 休む。越後の山旅の口絵にある三吉の平だと思う(350)。少し降り10:51東俣第一橋(300)でアブが寄ってきた。ハッカ油のせいで刺されないが体 にぶつかってくるのが嫌で雨具を着た。そのうち雨も降り出してアブも少なくなった。11:39東俣大橋で左岸へ渡るとアブが復活してきて記録をやめた。 12:00彫刻公園ゲートで下山届けを出し、歩き続けた。いつもは大嫌いな林道歩きだが、雨の中、山行を振り返りながら歩くのは苦にならなかった。 12:48大石ダム駐車場。古式に則り雲母温泉の元湯に向かった。小さい風呂だが岩から浸み出す本当の温泉だった。実家に帰り子供と一緒に昼寝してから新潟へ帰った。古き良き飯豊を感じた山行だった。 20030819桃パパ

1pict0475_2 1pict0504_2 1pict0508_2 1pict0461_2 1pict0471_2 1pict0477_2 1pict0478_2 1pict0507 1pict0568_2 1pict0569_2 1pict0570_2 1pict0656_2 1pict0658_2 ①登路
②ゼカイ沢
③大熊平のブナ林
④エブリサシ遠望
⑤エブリサシ遠望
⑥イズクチ沢高巻
⑦登路
⑧大熊小屋
⑨エブリサシにて
⑩東港残照
⑪水場?
⑫本山
⑬長者平から本山
⑭前エブリサシと村上方面

« 2003.07.05~06ダイグラ尾根~石転沢 | トップページ | 2003.08.31~09.01 カムイエクウチカウシ »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。