« 2001.08.17~19石転び沢~ダイグラ尾根 | トップページ | 2001.09.24姫神山 »

2001年9月23日 (日)

2001年9月23日岩手山

22日
21:04自宅駐車場発→23:41大和 松島IC→
23日
01:00前 滝沢IC→ローソン→01:55頃 馬返駐車場(車中泊)→06:45起床→07:52GPSon→08:00過ぎ駐車場発→08:18取り付き?→08:28新道旧道分岐→08:45一合目→09:01二合目→09:09二.五合目→09:19三合目→09:40四合目→10:10五合目10:25発?→10:36六合目大蔵岩→11:03七合目→11:37八合目→12:01九合目→12:17十二番神→12:34山頂着13:37発→14:00内輪降り口→14:21七合目→14:30?→14:46六合目→15:05五合目→15:22四合目→15:30三合目→15:39二.五合目→15:49豆腐岩→15:53一合目→16:00新道旧道分岐→16:21登山口→ゆーとらんど姫神泊 注・登りは旧道、下りは新道
 岩手山に行こうと思ったのは22日にエアリアを買ったときだった。

 パックだけして山域を考えていたら漠然と姫神山の美しい姿と名前が頭に浮かんだ。近くの書店でエアリアを手に取ると岩手山が近くにある。そのとき岩手山がいいと 思った。
 
 子供がフロから上がる手伝いをし、21:04発。東北道分岐の頃は右サイド前部ガラスにオリオン座が映っていたが、いつのまにか半分くらい後部ガラスに移動し、長い距離を移動したと実感。一度給油した他はノンストップで23日01:00前に滝沢ICを降りた。 R282のローソンで夜食と朝食と白石パンを2個買い01:55頃 馬返駐車場に着き車中で寝た。

 06:00前に目覚めるが日の光を浴びてうとうとする。06:45起床る。ゴハンを食べ、涼しくなってきたので水を1.5Lにする。いつもより軽いザックを持ち07:52GPSon。気持ちのよい並木道を歩き、少し上で登山者 名簿を記入し08:00過ぎ駐車場。08:18のマークは尾根の取り付きだと思う。なだらかな道を歩いていくと08:28新道旧道分岐に出た。展望を重視し旧道に進む(新道は樹林帯の中)。

 08:45一合目を通過すると快晴の露岩の中を階段登りとなる。なにげなく後ろを振り返ると盛岡の町の向こうに大きな山体がある。あれはもしや?・・・ 早地峰では、とカメラを取り出し撮る。と、女の人がさりげなく早地峰ですよ、と教えて通り過ぎる。旧道にして よかった。この展望は疲れが吹っ飛ぶ。少し歩いては振り向き似たような構図を何度も撮る。09:01に二合目を通過。こ の頃から姫神山も姿を見せ始める。これも撮るが、実物のようにきれいにとれない。きれいな山だが岩手山より大分小さい。

 二合目からは露岩の登りとなる。足場も悪いところもあり、急登の部分もあったが、辛かったという印象はない。展望がすばらしすぎて悪い印象が記憶に残っ ていない。09:09に二.五合目を通過している。09:19の三合目付近で馬返しの駐車場が大分下に見える。09:40の四合目前では盛岡の町が 四角く見える。10:10に五合目を通過している。10:25発となっているのは山田町役場のぬか森さんから山座同定の講義を受けていたためだろう。

 抜いたり抜かれたりしているうちになんとなく話すようになった。ここから急登の度合いも増し足場も悪くなったような気がする。10:36六合目大蔵岩?を通過 している。ここいら辺でテレビクルーとおぼしき人が溶岩跡か盛岡を撮っている。きつい登りだろうが、景色が励みになってつらいという意識は全くない。

 11:03七合目につく。非常用のサイレンが備えられ、まだ準登山警戒態勢だ。この素晴らしい展望にも慣れはじめる。またぬか森さんとあう。 気に入られたようだ。ここからは平坦な道がしばらく続く。11:37八合目の小屋で水を飲む。皆が内輪へ登る様子を何枚か撮る。12:01九合目を通過す る。ここから内輪への登りだ。須走りのようなザラザラ道に今回一番苦労するが風はない。今度は秋田駒方面の展望が広がる。デジカメは動画も入れて90 枚とった。更に内蔵メモリで20枚くらい撮った。もうぱんぱんだ。

 メモリが一杯になった頃、鳥海山が姿を現した。こうなっては、しょうがない。12:17十二番神の前に座り込んで画像をハードデイスクに転送する(このあと下りまで更に150枚程撮った)。十二番神は星宿という佇まいだ。風の強いときは道標の役割もするのだろう。

12:34山頂着、早地峰、六角牛、焼け 走り、鳥海山、秋田駒、八幡平、八甲田、岩木山などの展望を楽しんでいるとぬか森さんがやってきた。ぬか森さんのお友達に、宮古の農林推進課の太田さんも 交えて最高の山座同定が続いた(そのとき聞いた名前は殆ど忘れてしまった)。

 最高の展望に名残を惜しまず、いつでも来れる気で13:37山頂を後にする。なおも一人写真を撮っているとぬか森さん達が下っていくのが見 えた。自分も駆け下り、ぬか森さん達に挨拶して、しばらく駈け下った。また忘れられない山が一つできた。距離 を超えることができた山行だった。2001.09.23桃パパ


1rimg0006 1rimg0022 1rimg0026_2 1rimg0031 ①早池峰が見えた
②姫神山
③早池峰を振り返る
④開けた登路


1rimg0058 1rimg0092 2rimg0013 2rimg0039 ①四合目直下
②早池峰を振り返る
③西岩手方面
④西岩手方面


2rimg0041 2rimg0043 2rimg0044 2rimg0045 ①秋田駒方面
②噴煙と火山湖
③中央噴火口
④山頂


2rimg0050 2rimg0052 2rimg0075 ①山頂
②奥に岩木山
③奥に早池峰
④中央噴火口


2rimg0083 2rimg0085_2 2rimg0086 2rimg0091 ①秋田駒と鳥海、忘れられない展望
②北東の天坊
③左奥に岩木山、中奥に八甲田
④下山路

2rimg0093 2rimg0098 2rimg0103 2rimg0106 ①下山路
②下山路
③振り返る
④早池峰が見える


2rimg0107 鳥海を指す人

 2010.10.10桃パパ

« 2001.08.17~19石転び沢~ダイグラ尾根 | トップページ | 2001.09.24姫神山 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。