トップページ | 2001.07.20~21大朝日岳 »

2001年7月16日 (月)

2001.7.14~15石転沢~梶川尾根

7/14 単独行 雨のち曇り
以前略ー12:14石転びの出合ー13;43本石転びの出合ー15:10北俣沢の出合ー16:44梅花皮小屋着

7/15 単独行 晴れ
4:45梅花皮小屋発ー5:25北俣岳ー6:25門内岳ー6:59扇の地紙ー8:19梶川峰ー9:12五郎清水ー10:07滝見場ー以下略

 

 梶川の出合はかなり薄くなっている感じで巻道が作られていましたが、自分は雪渓を行きま した。来週は、石転びの出合まで夏道を歩くことになると思います。14日は「出合」からガス。16:18分に草付きの広 場で登路を見失い16:33分にテン場跡に気づいてガスの中登り始めています。中の島の草付きからトラバース。
 翌日は梶川尾根の下りに負けた。梶川尾根は梶川峰を過ぎるとデフレスパイラルのような強烈な下りになりそれが連続するのです。自分の足は滝見場で怪しくなり、最後はヘロヘロになってたどり着きました。最後のロープは必死でした。負けた理由は晴天による暑さと水の量をMAX で1.3Lとしたことにもあります。(これはPCを持っていくために敢えてしたことですが・・・)登山道があるだけでもありがたいのですが、(あと五郎清 水の前後は何故か二王子を思いださせ懐かしさを感じましたが)梶川峰の下りはなるたけ使わないようにしようと思いました。なお五郎清水は大変ウマく下りるチカラになりました。水はここと梅花皮小屋で補給しました。その他石転び沢で適時飲みました。
 32LのザックでPCを入れて小屋泊まり一泊を試したかった。そのために荷物のコンパクト化、軽量化を工夫しました。ザックは32L、これにシュラフ、 PC、ピッケル、アイゼン、水1.35L、デジカメ、携帯電話、GPS、着替え一揃、フリース、雨具、ヘッドランプ、電子機器消耗品、ザックカバー、夏手 袋、食料3食分、非常食2食分を入れたり付けたりしました。ザックの外に出たのはGPSとピッケルだけでした。そのかわり、バーナーとコッヘルを落とし食 料はパン6個とスナック菓子にしました。(梅花皮小屋で芋煮2ハイと酒2杯をいただきました。)エアマットはザックの中敷きを代用するつもりでしたが、ガ サガサやるのも気が引け、敷かずに寝ました。これらの重量は8キロなかったと思います。装備の中ではアイゼンが嵩張るなと思いました。また自分のアルミの アイゼンは先週の鳥海山で支持具が緩んでいました。
 梅花皮小屋から門内までの稜線を歩いている間、幸せでした。中の島のシラネアオイ、ガスの中のトラ バースの後草付きにたどりついたこと、カイラギ小屋の皆さん、気持ちよい風に吹かれながらの早朝の稜線歩き、まだあったヒナウスユキソウ、さりげなく見え た白いヒメサユリ、それらの一つ一つが飯豊連峰に迎え入れられたようで嬉しかったのです。また、小国山岳会、峡彩山岳会の皆さんのルートを整備するキモチ は自分も加わらねばと思いました。そのためにさしあたってお金を一杯稼ごうと思いました。
 今までで最高の山行で飯豊で洗礼を受けた気持ちです。    20010716桃パパ

Rimg0013 Rimg0077 Rimg0078 Rimg003512 ①滝沢の出合
②門内岳
③門内岳
④芋煮

トップページ | 2001.07.20~21大朝日岳 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。